• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジル人監督ジョゼ・パジーリャ版「ロボコップ」、日本公開は2014年3月14日に

ロボコップ

リオデジャネイロのバスジャック事件の深層に迫ったドキュメンタリー映画「バス174(Ônibus 174)」(02)、リオの警察機構とマフィアの関係を描いた「エリート・スクワッド(Tropa de Elite)」(07)、続編で、さらに組織の腐敗構造を掘り下げた「エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE(Tropa de Elite 2)」(10)などで知られるブラジル人映画監督José Padilha ジョゼ・パジーリャ監督が手掛けるリメイク版「ロボコップ」の日本公開が2014年3月14日(金)に決定した。劇場は新宿ピカデリー他で全国公開される。

物語の舞台は2028年、巨大企業オムニコープ社がロボット・テクノロジーを支配する世界。平凡な警官アレックス・マーフィー(ジョエル・キナマン)は、勤務中に重症を負うが、オムニコープ社の最新のロボット技術により“ロボコップ”として新たな命を得る。驚異的な力を身につけたアレックスを持ち受けている運命とは・・・。

1987年、全米で公開された「ロボコップ」(ポール・バーホーベン監督)のリメイク版。主役アレックス・マーフィー(=ロボコップ)には、スウェーデン出身のジョエル・キナマン。ロボコップの設計者をゲイリー・オールドマン、巨大な軍事産業をも擁するメディア王にサミュエル・L・ジャクソン、オムニコープ社のCEO役にマイケル・キートン。全米公開は2014年2月7日。

(文/麻生雅人、写真2013 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. and Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved)
「ロボコップ」配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、2014年3月14日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー

■関連記事
http://www.robocop-movie.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加