• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジル沖合プレサル油田開発事業に、三井海洋開発、三井物産、商船三井、丸紅の4社が参画

三井海洋開発、三井物産、商船三井、丸紅の4社は12月18日(水)、三井海洋開発が推進しているブラジル沖合のプレソルト層下油田Carioca(カリオカ)鉱区向け FPSOの長期傭船事業に三井物産、商船三井、丸紅が出資することに合意、同日付で関連諸契約を締結したことを発表した。 FPSOとは、Floating Production, Storage & Offloading System:浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備のこと。発表内容は以下の通り。

この合意は、三井海洋開発が設立済のオランダ法人Carioca MV27 B.V.に三井物産、商船三井及び丸紅が出資参画して、4社で本案件を共同推進するというもの。Carioca MV27 B.V.社は、ブラジル国営石油会社子会社ペトロブラス(45%)、BGグループ(30%)及び Repsol Sinopec Brasil S.A.(25%)がそれぞれ出資する BM-S-9 コンソーシアムと、2013年12月に20年間の長期傭船契約を締結済とのこと。

上記案件のFPSOは、完工後に“FPSO Cidade de Caraguatatuba MV27”と命名され、2016年第3
四半期より、ブラジル沖合のBM-S-9ブロックにあるカリオカ鉱区の開発に投入される予定。同鉱区はブラジル・リオデジャネイロの沖合南約300kmに位置しており、海底下約5,000mのプレソルト層(岩塩層)下にある海底油田の一部だという。

この案件は、三井海洋開発、三井物産、商船三井、丸紅が4社共同で取り組む3件目のプレソルト層下油田向けFPSO傭船事業。また、ブラジルの現地パートナーであり、同案件の入札に三井海洋開発と共同で応札したSchahinグループは、本FPSOのチャーター開始時までにMV27社に対して最大で15%まで出資参画するオプションを有するとのこと。

FPSO概要

原油生産能力 10万バレル/日
ガス生産能力 177百万立方フィート/日
原油貯蔵能力 160万バレル
係留方式 スプレッド・ムアリング(水深2,100メートル)

出資比率

三井海洋開発株式会社 Schahinグループ出資参画前 29.4%/Schahinグループ出資参画後 25.0%
三井物産株式会社 Schahinグループ出資参画前 32.4%/Schahinグループ出資参画後 27.5%
株式会社商船三井 Schahinグループ出資参画前 20.6%/Schahinグループ出資参画後 17.5%
丸紅株式会社 Schahinグループ出資参画前 17.6%/Schahinグループ出資参画後 15.0%
Schahinグループ  15.0%

ただしSchahinグループは最大で15%まで出資するオプションを有しているが、同社の出資比率が15%未満となる場合は、同社以外の出資比率が調整されるという。

(文/麻生雅人)

このエントリーをはてなブックマークに追加