• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

サヒアの悲劇

パオロロッシ1982

黄金のカルテットが誕生した、1982年、ワールドカップ・スペイン大会。

7月5日、エスタディ・デ・サヒア(サヒア競技場)で行われた2次リーグの最終戦、ブラジル対イタリアは、勝者が決勝トーナメントへ進むという重要な試合でした。

この日も黄金のカルテットは健在。ブラジルが、皆を魅了するサッカースタイルで勝利することを、誰もが確信していました。

しかしこの試合では、イタリアのパオロ・ロッシが爆発しました。

ブラジルのソクラテスとファルカンもゴールを決めたものの、パオロ・ロッシがハットトリックを決め、決勝トーナメントへ進 み、そのまま優勝しました。

ブラジルは華麗なサッカーを披露しながらもイタリアに破れ、応援していたサポーター達はそれをとても惜しみました。この出来事は「サヒアの悲劇」と呼ばれ、ブラジルサッカー史に残ることとなりました。

ちなみにブラジルが再び優勝するのは、この事件から、12年後の1994年、アメリカW杯でのことです。

(写真/Getty Imeges)
写真は1982年7月5日、スペイン、マドリード。ブラジル対イタリア、ジュニオール(左)とパウロ・ロッシ(右)

■関連記事
VISAカードCMに”死刑執行人”ロッシとジダンが出演
ジーコ、アル・ガラファ監督を解任される。
リオのカーニバルでは行進のテーマに

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

浅野雅雄 Masao Asano ブラジル出身。来日する前、16歳まで住んでいた地域がサンパウロFCのホームグラウンド近くだったので自然と“サンパウリーノ”(サンパウロFCファ ン)になる。日本で大学卒業後、一般企業に勤めたが母国の心を忘れず、ブラジルと関係のある企業へ転職。現在はアイピーシーワールドのシステム・エンジニア、雑誌「ヴィトリーニ」で最新テクノロジー記事を担当。