• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルの億万長者は暗闇の中でもランニングマシーンで後ろ向きにも走れる

Abílio Diniz, Caminhos e Escolhas- O equilíbrio para uma vida mais feliz

ブラジルの富豪のひとりAbilio Diniz アビリオ・ヂニス氏が成功の秘訣を綴った本「Caminhos e Escolhas – o equilíbrio para uma vida mais feliz(道と選択~成功するための選択肢)」がアメリカ合衆国でも話題になっている。

「Bloomberg Pursuits」が2014年春号でアビリオ氏の話題を取り上げることを3月19日付け「ブルームバーグ・ビジネス・ウィーク」が伝えている。

アビリオ・ヂニス氏は、大手スーパーマーケット「パォン・ヂ・アスーカル」創業者の息子で、同店のスーパーマーケットチェーンを構築して成功。2013年からは食肉加工最大手企業「ブラジルフーズ」の取締役会会長を務めている。

ビジネスに関する話題もさることながら、健康に対するこだわりにも敬服させられる。

アビリオ・ヂニス氏は77歳にも関わらず、腕立て伏せは毎日80回、ボクシングやスカッシュもたしなむ。ランニングマシーンでは、暗闇の中でも後ろ向きに走ることができるという。

腕はまさしく砲筒で、お腹も美しく割れている。信じられないくらい筋肉盛り盛りだ。

二番目の妻Geyzeジェイジさん(41)は、彼の最初の結婚で生まれた4人のすべての子供たちよりも若い。

そして何より、アビリオ氏は今も現役でよく働く。

アビリオ氏は、自身がこれまで行って来たアプローチ、すなわち「自分自身に対する飽くなき挑戦」を忘れず続けることを読者に訴える。

実際、ブラジル人では年配でも仕事を頑張っている人は、身体を鍛えることを決して忘れないようだ。男も女も、いくつになっても肉体へのこだわりを持ち続けている。そんなことも、この国をエネルギッシュにしている理由のひとつかもしれない。

(文/加藤元庸)
写真は「Caminhos e Escolhas – o equilíbrio para uma vida mais feliz(道と選択~成功するための選択肢)」CAMPUS・刊

■関連記事
フォーブス誌の世界長者番付でブラジル人が躍進
稀代の錬金術師がブラジル市場から退場か!? チーム・バチスタで復活を
ブラジルの食肉産業が先端技術を確立した歴史的背景とは!? ブラジル豚肉生産輸出業協会(ABIPECS)フイ会長に聞く

このエントリーをはてなブックマークに追加