• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

コパカバーナ海岸に現われた白と黒の人形が訴えるメッセージは…

contraracismo2014

3月26日(水)、リオデジャネイロのコパカバーナ海岸に約200体の人形が現われたことを同日付け「G1」(電子版)が伝えている。

人形は白と黒の2種類で、それぞれ赤い花を手にしているというもの。実はこの人形は、社会全般とスポーツの試合における人種差別行動が持っている問題を広く訴えるために置かれたもの。

人形と共に設置された横断幕には「魂には色はない」と書かれてあった。パフォーマンスを主催したのは、州立スポーツ・レジャー局とリオ州スポーツ・レジャー管理評議協会。

主催者によると、審判のマルシオ・シャガス・ダ・シウヴァさん、サントスのアウロカ選手、クルゼイロのチンガ選手など、立て続けに起きたサッカーの試合での差別的な野次など、人種差別的な行為がいかに精神的暴力となっているかというメッセージも込められているという。

人種差別の被害者を代弁する人形は夕方6時までコパカバーナ・パレス前に設置されたという。

(文/麻生雅人、写真/Tânia Rêgo/Agência Brasil)

■関連記事
人種差別野次は許さない! CBFがコパ・ド・ブラジルの審判用新ユニフォームを発表
スポーツ裁判所、Mミリンの会場使用禁止に。応援団の人種差別的行為で
ホレジーニョ排斥における人種差別に対する抗議デモも開催

このエントリーをはてなブックマークに追加