• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

W杯決勝の時期、リオに一番行きたがってる国民は!?

ヘデントール

リオデジャネイロのマラカナンスタジアムで、7月13日に予定されているワールドカップ決勝戦。この時期のリオは、通常よりも多い外国人観光客を受け入れるだろうと言われている。

ホテル検索サイト「Hoteis.com」が、決勝戦の時期にリオへの旅行を検討している人の数を調査、その結果を発表した。現地メディア(「エザミ」4月14日付け、電子版)が報じた。

この調査は、2014年最初の3ヶ月のあいだに、同サイトでチェックイン日を7月5日〜13日、チェックアウト日を7月14日~20日と設定して検索されたデータを対象としており、前年同時期のデータと比較している。

気になる結果はといえば、オーストラリア人観光客が504%の増加で、国籍別ランキングで1位となった。

オーストラリア人のほかでは、イギリス人旅行者も500%の増加で際立っている。その後はアメリカ人が472%と高く、ロシア人469%、メキシコ人445%と続いている。日本人は40%の増加で第14位だった。

オーストラリア人は愛国心ある熱烈サポーターが多いのか、はたまた旅行好きが多いのか…? とにかくオーストラリア人のフットワークが軽いことが判明したといえる。掲載されたリストは下記。

1 オーストラリア 504%
2 イギリス 500%
3 アメリカ合衆国 472%
4 ロシア 469%
5 メキシコ 445%
6 ドイツ 388%
7 スペイン 333%
8 ウルグアイ 333%
9 コロンビア 210%
10 フランス 172%
11 アイルランド 129%
12 イタリア 100%
13 スイス 100%
14 日本 40%
15 ベルギー 18%

(文/柳田あや、写真/Getty Images)
コルコバードの丘のクリスト・ヘデントールと、岩山パォン・ヂ・アスーカル

■関連記事
水陸両用バスでリオデジャネイロめぐりはいかが?
ブラジルのコンピュータサイエンス学生が全国盗難検証マップを開発。ワールドカップ日本戦開催都市の犯罪発生件数は...
ベッカムがリオのファヴェーラに家を購入!
リオ市のファヴェーラで、軍の占拠後に新たな死者
リオデジャネイロ、ワールドカップ期間中に警察官を70%増員

このエントリーをはてなブックマークに追加