• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジル人は日本のサッカーをどれだけ知っている!?

2013年コンフェデ杯、ブラジル対日本、ネイマール

ワールドカップ間近ということもあって、ブラジル人が、大会参加国チームについてどれくらいの知識を持っているのか?  そんなアンケート調査を現地メディア「グローボ・エスポルチ」が行った。

これはテレビグローボがブラジルの街頭でアンケートを行ったもの。日本が含まれる<グルーポC>の国々についてのブラジル人の答えを「グローボ・エスポルチ」(6月4日づけ、電子版)が紹介している。

まずは、ベロオリゾンテで行われるコロンビア対ギリシャ。

コロンビアについて訪れたところ、同じ南米大陸の国であるうえに、世界的に有名な歌手シャキーラの出身国だけあって、ブラジルでの知名度は高かった。

ギリシャについてはあまり知られていない様子だったが、フレンドリーなミネイロ(ミナス州出身の方)は歓迎することだろう、とのこと。

場所がかわって、日本対コートジボワールの会場となるレシフェで同じ質問をしてみると…。

コートジボワールについてもギリシャ同様、あまり知られていないみたいだったが、滞在中は綺麗なレシフェの浜辺を見るようアドバイスをする人も。

親日国でもあり日系人も多く住んでいるブラジル。さすがに日本については知名度は高かった。

しかし、日本のサッカーについては残念ながら、そんなに詳しい情報はない様子。アジアでは強豪かもしれないが世界ではどうなのだろう? という声も。

「ありがとう」や「さようなら」の簡単な日本語は誰でも知っているという。

自分がサンパウロに居たころ、欧米人から「ありがとう」、「さようなら」と声をかけられるとそれなりに親しみを感じることもあったが、あまりしつこく言われると少し違和感を感じたことを思い出す。

ブラジルでは「ありがとう」と「さようなら」(最近では「おもてなし」も?)だけじゃない日本を広く知ってもらえるようになるといいなと思うし、同時に、日本でも、「サッカー」と「サンバ」だけじゃないブラジルがもっと知られるようになると嬉しい。このワールドカップブラジル大会がそんな機会になりますように!

(文/Masao Asano、写真/Fabio Rodrigues Pozzebom/ABr)
写真は2013年6月15日、ブラジリア、マネ・ガヒンシャ・スタジアムで行われたコンフェデレーションズ杯でのブラジル対日本戦

■関連記事
6月8日(日)NHK-FMにて「ブラジルまるかじり紀行」放送
W杯期間中、駐日ブラジル大使館がサッカーパビリオンをオープン。ブラジル戦試合当日は、ブラジル式朝食もサービス
銀座三越で6月4日(水)からブラジルフェア「アブラッソス・ド・ブラジル! ~ブラジルの抱擁~」スタート
「nakata.net Cafe2014」、期間限定で日本でも開催! ブラジル料理や“サケピリーニャ”も紹介
大聖堂や国会議事堂もライトアップ。ポンタォン・ラルゴ・スウでは32ヶ国の国旗を掲揚

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

浅野雅雄 Masao Asano ブラジル出身。来日する前、16歳まで住んでいた地域がサンパウロFCのホームグラウンド近くだったので自然と“サンパウリーノ”(サンパウロFCファ ン)になる。日本で大学卒業後、一般企業に勤めたが母国の心を忘れず、ブラジルと関係のある企業へ転職。現在はアイピーシーワールドのシステム・エンジニア、雑誌「ヴィトリーニ」で最新テクノロジー記事を担当。