• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

駐日ブラジル大使館のサッカー・パビリオンでブラジル流朝食ふるまわれる

サッカーパビリオン、タピオカ

ワールドカップブラジル大会の開幕戦でブラジルが初戦を勝利で飾った6月12日(日本時間では13日)。ブラジル大使館が開催しているサッカーパビリオンで朝7時頃より、ブラジル式朝食がふるまわれた。

この日、ふるまわれたのは「タピオカ」。マンジョッカ芋(キャッサバ芋)から作られるタピオカ粉で作るクレープ風の食べ物だ。リオデジャネイロなど南東部の都市では公園などで開催される青空市の屋台でもおなじみ。セアラー州、ペルナンブッコ州など北東部では朝食として定番のメニューのひとつ。

フライパンでクレープのようにして作った生地に、チーズやバター、スクランブルエッグなど、好みの具を挟んで食べることが多い。

サッカーパビリオン、タピオカ、ヒラタマリ

今回、駐日ブラジル大使館でタピオカを振舞ったのは、フードコーディネイターのヒラタマリさん。マリさんによると、タピオカ粉を一晩水に漬け、翌日、分離した水を捨てたあと、ペーパーで粉の水気をとり、粉が湿った感じの状態で焼くと美味しくできるという。

ブラジルの勝利を祝いながら、日本人、ブラジル人が共にタピオカをほおばりながら語り合った。駐日ブラジル大使館では、ブラジル戦の行われた日の朝に、朝食を振舞う。

次回の朝食サービスは日本時間の6月18日(水)6:00~を予定。

(写真・文/麻生雅人)

■関連記事
W杯期間中、駐日ブラジル大使館がサッカーパビリオンをオープン。ブラジル戦試合当日は、ブラジル式朝食もサービス
FIFAワールドカップ開幕戦、3-1でブラジルがクロアチアに勝利。6回目の優勝に一歩
ワールドカップブラジル大会、ブラジル最初のゴールはネイマール
W杯開幕戦当日もブラジル各地でデモ。リオデジャネイロでは逮捕者の中に旅行者も
日系3世料理コーディネーター、平田マリさんが語る ブラジル料理が独特な進化を遂げた理由

このエントリーをはてなブックマークに追加