• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ある地方都市がW杯期間中、
ブラジル代表の試合開催日を“喪に服す日”に制定!?

パライバ州のモンタダス市では、ブラジル代表の試合日を“喪に服す日”に制定して、ブラジル国内で騒ぎとなっている。

実はこれ、同市の市長が、ワールドカップブラジル大会に向けての休日制定に関して、とんでもない大間違いをしてしまったことが原因だという。現地メディア(「G1」、6月16日づけ、電子版)が伝えている。

ジャイロ・エルクラーノ・ヂ・メロ市長は、モンタダス市でもブラジル代表の試合日を休日にするため臨時的な法律を発表しようとしたところ、書類に間違った記載がされたまま公表されてしまったのだ。

市長は、書類を作成する際に、町の偉人が亡くなった時に発行する、喪に伏すための書類を元にしたという。コンピュータの画面上で 「luto oficial」(喪中休日)の部分を消さずに、「ponto facultativo」(任意の休日)となっていると思い込み、そのまま官報に発表してしまった。秘書も過ちに気がつかなかったという。

ブラジル代表の試合の日を“喪に服す日”に制定、という縁起の悪い発表に、市民はもとより官報を目にしたブラジル人は皆、目を疑ったことだろう。一番驚いたのは当のジャイロ市長かもしれない。

(文/加藤元庸)

■関連記事
ブラジルに広がる(!?)“立つ鳥跡を濁さず”の輪。今度はドイツ人がコパカバーナのファンフェスト会場でごみ拾い
ブラジルで観戦後にごみの後始末をする日本のサポーターが話題に
敷島製パン(Pasco)からは「フェジョアーダパン」
「MAZ」のポップアップストア さかい屋 藤沢店・横須賀店で展開
開幕戦翌日、現地新聞の主役はネイマールとオスカールと日本人!

このエントリーをはてなブックマークに追加