• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

パウリスタ大通りの通信会社支店が店舗に鉄柵

鉄柵をはりめぐらしたサンパウロの通信会社

ワールドカップブラジル大会が開催されているブラジルでは、ワールドカップだけが行われているわけではない。秋の大統領選挙に向けての選挙運動、大雨などの天災に対する救助や復興作業、各種デモなど、国内ではいろいろなことが併行しておこっている。

デモやストライキも、現在のところコンフェデレーションズ杯のときのような大規模デモこそ起きてはいないが、目的別の抗議運動はたびたび起こっている。そんな中、たびたび抗議運動の舞台となっているサンパウロ市内、パウリスタ大通りにある通信会社「Oi(オイ)」の支店が、店舗の入口の鉄柵を張り巡らせた。

ブラジルでは昨今、抗議運動の際の、主に日中にデモに参加する人たちとは異なり、夜間になってから参加する、覆面をしたブラックブロックと呼ばれる集団などが破壊行為を行い、社会問題となっている。6月19日(土)には、破壊活動を行う一団を一般のデモ参加者が止めようとする一面もあったと報道されている。

また、万が一ブラジル代表がワールドカップで敗退した場合、何が起こるかわからない、とも言われているという。ブラジル代表の勝敗の行方はその後の社会情勢にも何らかの影響を及ぼすかもしれない。

(文/加藤元庸、写真/村永アルトゥール)

■関連記事
19日(木)夕方、サンパウロで破壊行動。デモ参加者が破壊活動を止めに入るも抑制できず
ファビオ・ヒデキ氏の解放を求める抗議デモがサンパウロで起こる
サンタマルタの住民がファヴェーラの住居移転計画にファンキやヒップホップなどで抗議
日系人サンパウロ大学職員ファビオ・ヒデキ・ハラノ氏、抗議デモで拘束。不当逮捕の声高まる
15日にはマラカナンスタジアム近辺でも抗議デモ

このエントリーをはてなブックマークに追加