• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ネイマール「夢はまだ終わっていない」
ブルーナ・マルケジーニ「あなたの夢はまだ終わっていない」

コロンビア戦 ネイマール

フォルタレーザのカステラォン・スタジアムで泣き、恋人の苦しを分かち合っているかのように見えたというブルーナ・マルケジーニ。一晩経った7月5日、ネイマールについての長いメッセージをインスタグラムに投稿したと「グローボ・エスポルチ」(同日づけ)が伝えている。

ブルーナはメッセージの冒頭では、聖書のヨハネ伝13章7節にある「わが爲(な)すことを汝(なんぢ)いまは知らず、後に悟るべし」という一節を引用。「チップはまだ手を離れていない! 苦しさについて話したくない。痛みについても、不公平についても」と、ポジティヴなメッセージを発信した。

メッセージはネイマールとメッセージを読むすべての人に送られている。

首に刺青として掲げてもいる「tudo passa(トゥド・パッサ)」など、ネイマールが常に口にしていたポジティヴな言動を振り返りながら「あなたと、突き進んで行く代表のみなさんのために祈ります」と記し、代表の優勝を夢見ていたネイマールに対し「あなたの夢はまだ終わっていない、実現します!」と綴った。

メッセージは「愛しています、ずっと最後まで一緒にいます」と締めくくられた。

また、ネイマール本人は、家族のもとで怪我を回復させるため、7月5日(土)午後早くにヘリコプターでグランジャコマリーを離れ、サンパウロ州グアルジャ市にある自宅に向かったと同日づけ「オ・グローボ」が伝えている。

CBFが公表したメッセージの中でネイマールは「ワールドカップの決勝で戦う夢は叶えられなくなったけど、世界チャンピオンになる夢はまだ終わっていない。自分は2試合に出られないけど、僕の仲間たちがトロフィーを掲げるために全てを賭けることを信じている」と語った。

(文/麻生雅人、写真/Marcello Casal Jr/Agência Brasil)
7月4日、カステラォンでのブラジル対コロンビア戦。怪我をする前のネイマール

■関連記事
憶測を呼ぶ、ネイマールのタトゥー
ネイマールのタトゥーに「元ネタ」があった!? 「トゥド・パッサ」という言葉にまつわる物語とは
ネイマールの超美人な恋人ブルーナ・マルケジーニ
ネイマール、第三椎骨横突起を骨折で大会離脱。ジュリオ・セーザルは「悲しい。ネイマールが、ブラジルの人々に喜びをもたらすことをどれだけ幸せに思っていたか、知っているから」
ブラジル代表はグランジャ・コマリーに帰還。ネイマールの戦線離脱を悲しむブルーナ・マルケジーニ

このエントリーをはてなブックマークに追加