• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

W杯全試合を終えたブラジルセレソンに思うこと

ブラジル サポーター

W杯ブラジル大会は、ドイツの優勝で幕を閉じた。

それにしても、この1か月はあっという間に過ぎ去ってしまった。グループリーグのころは楽しかった、と思う。

さて、ブラジルのここ2戦についてだが、あまりに衝撃が強すぎた。今回のブラジルがそれほど強くない、ということがわかっていたとしても、この2試合の結果は、残念というか唖然とするしかない。

ドイツ、オランダはそれぞれ、グループリーグ初戦を大量得点で勝っている。私はそのいずれの試合も現地で観たが、サルヴァドールのタクシー運転手が言っていた通りになってしまった。ブラジルが戦ったらスペインやポルトガルよりももっとひどい結果になると…。

この結果は、まずは決定的な実力差だろう。しかし、それだけではない。

ブラジル人は乗せたらとことん強いが、一旦やる気をなくしたらもうダメだ。メンタルが異常なほどに弱いのだ。そんなブラジル人気質も出てしまったのだろう。

それにしても、3位決定戦は、名誉挽回のチャンスでもあったわけだが、まったくダメだった。見ていても、まったくゴールが決まる感じがしない。

この試合、こんな状況でも、観客の多くがカナリアイエローのセレソンのシャツを着てスタジアムまで応援に行ったのだ。なんとか、自分たちの誇れるセレソンを見るために…。しかし、結果は散々だった。最後は、大ブーイングで終わってしまった。

地元開催のブラジルにとって、本当に残念な大会になってしまった。世界中に、自分たちの弱さ、脆さだけをアピールしたような大会になってしまった。

ブラジルの体たらくを見ていると、日本代表の試合ぶりなんてかわいく見える。

何ごとも、行き当たりばったりでやってしまう国である。この惨状から立ち直るのは容易ではないだろう。しかし、立ち直らなければならないのだ。それが、ブラジルセレソンに課せられた使命である。

4年後の大会では、ブラジルはどのような戦いを見せてくれるだろうか?

優勝してくれとは言わない。見ている人たちにこれぞセレソンと思わせてくれるような戦いぶりをぜひ見たいものである。

(文/コウトク、写真/Fernando Pereira/Secom/PMSP)
7月13日、ブラジルにとって最後の試合となった対オランダ戦が終わった後のサンパウロ市ヴィラマダレーナ地区。サポーターたちの心中やいかに

■関連記事
FIFAワールドカップ2014はドイツが優勝。ジウマ大統領からトロフィー授与される
ワールドカップ閉会式、イヴェッチ・サンガロ、アレシャンドリ・ピリスなどが出演
ファヴェーラのワールドカップではシダーヂ・ヂ・デウス(シティ・オブ・ゴッド)が優勝
ワールドカップ入場券不正販売事件でFIFA関係者1名を逮捕
ネイマール、ブラジルがW杯決勝に進出した場合、鎮痛剤を使った復帰の可能性を医師と話し合っていた

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

コウトク  2005年6月~2012年6月まで仕事の関係で、ブラジルに在住。ブラジル在住当時は、サッカー観戦に興じる。サントス戦については、生観戦、TV観戦問わずほぼ全試合を見ていた。2007年5月のサンパウロ選手権と2010年8月のブラジル杯のサントス優勝の瞬間をスタジアムで体感。また、2011年6月のリベルタドーレス杯制覇時は、スタジアム近くのBarで、大勢のサンチスタと共にTV観戦し、優勝の喜びを味わった。現在、スポーツナビのブログ「ブラジルサッカーレポート」(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/kohtoku/)を執筆中。