• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

リオデジャネイロにコンドームの塔、そびえ立つ

コンドームの塔

8月2日(土)、リオデジャネイロ市旧市街区、ヒオブランコ大通りにそびえ立つオベリスク(オベリスコ、塔状の建造物)に、巨大なコンドームが被せられた。現地メディア(「G1」8月2日づけ、電子版)が報じている。

コンドームは全長11メートルで、白い合成素材で作られた。上部の内側には金属フレームが装備されていて、男性がコンドームを装着したときの形状を再現できるように作られているという。

コンドームには「エチカ・ド・クイダード」と書かれており、セックスの最中に気をつけるべきことの重要性を訴えた。

被せたのは、性感染症予防と同性愛嫌悪反対を訴える団体アルコ・イリス。式典では、虹色の風船が放たれた。同団体のジュリオ・モレイラ代表によると、政府によるエイズ対策の取組の後退を受けての行動だという。

「後退しているだけでなく、売春婦など社会的弱者のためのマスメディアによるキャンペーン活動の中でも依然、保守主義があります。2年前、全国区で公示されるはずだった広告が制限されました」(ジュリオ・モレイラ代表)

ジュリオ代表によるとヒオブランコ大通りのオベリスクにコンドームを被せられたのは今回が初めてではなく、過去に2度、1991年と1999年にも被せられたという。

(文/麻生雅人、写真/Tomaz Silva/Agência Brasil)

■関連記事
ネイマール、西川産業「エアー」シリーズの新広告キャラクターに。「GOOD SLEEP,BIG DREAM! キャンペーン」も開催
ブラジル訪問中の安倍首相、日本で活躍した経験のある元サッカー選手らと会談
日本マクドナルド、ブラジルから鶏肉を仕入れる方向へ
サンバの大規模マーケットフェア「カルナヴァーリア-サンバコン」、リオで初開催される
世界最大の同性愛カップル結婚式、リオデジャネイロで開催される

このエントリーをはてなブックマークに追加