• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

2016年リオデジャネイロ・オリンピック・パラリンピックのトレードマーク公表される

リオ2016

8月5日(火)、2016年リオデジャネイロ・オリンピック・パラリンピック組織委員会は、2年後に開催される2016年リオデジャネイロ・オリンピック・パラリンピック(以下、リオ2016)のトレードマークを公表した。

活気に満ちて、多様な文化を持つリオデジャネイロを表わしたというこのデザインは、リオの都市景観の特性とブラジル人の多様性にインスピレーションを得てデザインされたという。

リオ2016のブランド・ディレクター、ベッチ・ルーラさんによると、このデザインにはリオの情熱と変革のエッセンスが込められているという。

このトレードマークは、イベントをお祭り気分で盛り上げ、観客全員が忘れられない体験ができるように、という願いを込めて作られた。全ての競技施設や都市のさまざまな場所を飾ることになるだけでなく、ユニフォーム、入場券、ライセンス商品、ショップなどにも使われる。

マークは、リオ2016のブランド管理部署とデザインスタッフが共同で作り上げた。

デザインのプロジェクトには約1年が費やされ、デザインのために歴史的、文化的な側面、リオデジャネイロが抱くブラジルのアイデンテティ、地域の景観や写真に残された景色などが研究された。同時に、ベロオリゾンチ、バイーア、サンパウロ、ブラジリアという4つの都市も参考に研究されたという。

プロジェクトの担当チームによると、観光客の想像力を掻き立て、ブラジルを再発見してくれる事を期待しているとのこと。

リオのあふれんばかりの自然のと暖かさに触発されたデザインは、有機的で、アブラッソ(ハグ)のように包み込むイメージでもあるという。

リオ2016 デザインチーム

(文/麻生雅人、写真/Rio 2016/Alex Ferro)
写真下はトレードマークを披露するデザインチーム

■関連記事
リオデジャネイロ、2016年オリンピック・パラリンピックの準備は着々と
ブラジル、2016年リオデジャネイロ・オリンピック・パラリンピックでメダル30個を目標に。予算は、約600億円!?
サーフィン、USオープン男子でブラジルが2年連続優勝。2014年はフィリッピ・トレードがタイトル獲得
ブラジル訪問中の安倍首相、日本で活躍した経験のある元サッカー選手らと会談
安倍首相「日系人がいるから魂の交流できる」。
日系社会との関係強化誓う。JICAボランティア増員も発表

このエントリーをはてなブックマークに追加