• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

8月14日(木)に南部、南東部で記録的な寒さ

サンパウロ 寒冷前線

8月14日(木)、寒冷前線がブラジルに到達したことから、南部と南東部の気温が低下。サンパウロ市内では、風も冷たく、街ゆく人々がダウンジャケットやセーター、コート、マフラーに身を包んでいた。

環境資源・気象学情報センター(Epagri/Ciram)によると、南部サンタカタリーナ州のウルペマ市ではマイナス8度という最低気温を記録したという。現地メディア(「フォーリャ」同日づけ)が伝えている。

ウルペマ市

この日はサンパウロ市も、夜明けに今年(2014年)の最低気温を記録した。市の北部サンタナにある国立気象院(INMET)施設の自動計測装置のデータによると、サンパウロ市は9度を記録したという。

危機管理センター(CGE)はこの日、寒冷前線は海岸線から離れて移動したが、ところによって雲が残っているため、木曜日はくもり空と少しの霧に包まれ、14度以上にはならないだろうというインフォーメーションを発表。パウリスタ大通りの温度計で夕方18時ころでも14度だった。

サンパウロ市は15日(金)の午後には暑さが戻った。

(写真上・文/麻生雅人、写真下/Marleno Farias/ Prefeitura de Urupema)
8月14日。写真上、サンパウロ市内。写真下、霜が降りたサンタカタリーナ州ウルペナ市

■関連記事
地球の反対側でラーメン戦争勃発の兆し!?  サンパウロが激戦区に
ネイマールとブルーナ・マルケジーニ、遂に破局
ブラジリアンビキニについてどう思う? 世界の女性たちの意見は…
GMがブラジルに大規模な投資計画。5年で65億レアル
サンパウロ、リオデジャネイロの両州間で水紛争

このエントリーをはてなブックマークに追加