• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

法定アマゾンの森林伐採増加。サンパウロ市二つ分の面積の木失う

アマゾン森林伐採

(9月)3日の国立宇宙調査研究院(INPE)の発表によると、2013年8月~14年7月の法定アマゾンの森林伐採面積は3036平方キロで、前年同期比9.8%増となったと3日付「G1」サイトや4日付「エスタード」紙が報じた。

3036平方キロという数字は聖市二つ分の面積の森林が失われた事を意味する。

この数字は衛星による伐採監視システム(DETER)のデータを基に算出されたもので、製材業者らが丸太を切り出したりした部分と、根っこなども抜き取り牧場などに改造するための部分、ならびに火災による焼失分を含んでいる。

DETERは25ヘクタール以上の伐採または焼失部分しかとらえられず、雲の影響も受けるため、より正確な面積の算定にはPRODESと呼ばれる解析能力が高い衛星の画像が使われる。こちらの数字は年末に発表される。

13年11月に発表された数字によると、2012年8月~13年7月の伐採面積は5843平方キロで、前年同期比28%増だったから、今回発表された伐採面積の伸び率はかなり縮小している。

DETERはより頻繁に上空を回るため、森林伐採の実態を定期的に監視するのに役立つ。13年8月~今年5月の数字は1771.86平方キロで前年同期比24%減だったが、6月~7月に1264平方キロ失い、9.8%増となった。

伐採面積が最も大きかったのはパラー州の532平方キロで、以下、マット・グロッソ州268平方キロ、ロンドニア州263平方キロなどとなっている。

伐採面積4位のアマゾナス州南部では農地開発のための伐採が拡大している。また、バラー州南部では、大規模な不正伐採を行っていたグループが検挙されたという。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Wilson Dias/Agência Brasil)
写真は7月21日、アマゾナス州マナウス。伐採された森林

■関連記事
GDP、伯国がリセッションの突入。ジウマ再選に不利な展開
ブラジル大統領選候補がメディアで公開討論。ジウマ氏とマリーナ・シウヴァ氏も激論
「2014ラテンアメリカのベスト・レストラン50」アレックス・アタラの「ドン」は3位に
デング熱の画期的ワクチンをサノフィパスツール南米支部が開発。遺伝子組み換え「蚊」に続きブラジルでデング熱への対策進む
ブラジルのウミガメ保護プロジェクト35周年。成果は1000倍に
a>

このエントリーをはてなブックマークに追加