• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

2010年~12年、合衆国からブラジルへ流出した不正資金は平均337億米ドル。ブラジルの国内総生産の1.5倍に相当

不正資金流入

米国の調査機関グローバル・ファイナンシャル・インテグリティ(GFI、本部ワシントン)によれば、犯罪、汚職、脱税などで不正にブラジル国外に流出した資金は、2010年~12年の平均で年間337億ドルに上るという。8日付「G1」が報じた。

300億ドルを超える不正資金額は国内総生産の1.5%に当たり、2000年代初めの10年間の年平均147億ドルの2倍に上る。

不正な資金流出の最大要因は不当な価格での商品取引で、1960年~2012年に伯国外に流れたとされる不正資金4016億ドルの92.7%は、これが原因とされる。

GFIによれば、この調査には、麻薬密売者その他の犯罪者が不法に動かした現金や、多国籍企業の支社間の資金やサービスの転移をめぐる取引による資金流出額は含んでいないため、実際の金額はさらに大きいと見られている。

GFIのレイモンド・ベーカー代表は「問題は深刻。次の政権を誰が担うことになろうと、この不正資金流出の撲滅は優先すべき課題となる」と話している。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Marcos Santos/USP Imagens)

■関連記事
聖市南部、アパート購入も入居できず。建設会社による詐欺が発覚
ブラジルでマリファナ合法化をめぐる公開討論会。医療目的使用の効能も議題に
サンパウロのファベーラで大規模火災
暴力保育士、ビデオで受け持ち児童への虐待が発覚
ブラジル北部で先住民族“森の民”が不法伐採者を急襲

このエントリーをはてなブックマークに追加