• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

サンシャインシティ「フェスタ・ド・ブラジル」でブラジルの鶏肉・豚肉デモンストレーション開催中

ブラジル 豚肉 鶏肉

9月12日(金)からサンシャインシティで始まった「Festa do Brasil 2014」。

ワールドインポートマートビル4階のブラジルマーケットでは、ステージで連日イベントが繰り広げられるほか、ブラジル雑貨やラテンアメリカ関連の飲食店などがずらりと並ぶ。屋外スペースではシュハスコとビアガーデンも開店している(15日(月・祝)まで)。

その中のひとつ「Brazilian Chikin/Brazilian Pork」は、ブラジルの食肉関連団体のブース。

ショップではないが、日本への輸出促進を目的に、日に何回か時間を区切ってブラジルの鶏肉、豚肉の試食デモンストレーションを行っている。

また、会場では、鶏肉と豚肉を使った料理のレシピブックも無料で配布している。

主催しているのはブラジル動物性タンパク質協会(ABPA)。2014年に、ブラジル鶏肉連合(UBABEF)とブラジル豚肉生産輸出業協会(ABIPECS)が合併して誕生した組織だ。

ABPAによると、ブラジル産鶏肉の年間生産量は1230万トンで、世界第3位。日本をはじめ世界150市場へ輸出されている。ブラジル産豚肉の年間生産量は330万トン。輸出量は世界第4位だという。

厳しい管理体制の中で生産・製造されているのもブラジルの食肉産業の大きな特徴だ。鶏肉では鳥インフルエンザを発生したことがない。豚肉に関しても、日本は2013年からサンタカタリーナ州産の豚肉の輸入を始めたが、同州は14年間、ワクチンを摂取せずに口蹄疫が発生していない「ワクチン非接種清浄地域」になっている。

(写真・文/麻生雅人)

■関連記事
サンタカタリーナ州が国内豚肉生産ナンバーワンである理由
ブラジルの食肉産業が先端技術を確立した歴史的背景とは!?
ブラジル豚肉生産輸出業協会(ABIPECS)フイ会長に聞く

元・中日ドラゴンズ選手、瀬間仲ノルベルトさんが売るパステウ。サンシャインシティ「フェスタ・ド・ブラジル」お店紹介(18)
あなたの出番です!? ミック・ジャガーがブラジルの大統領選でも注目
サッカーの王様ペレ、サッカーにおける人種差別野次への対応について発言

このエントリーをはてなブックマークに追加