• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルで統一選挙の週末に、大統領選挙を題材にしたコメディ映画が大ヒット

映画「正直な候補者」

10月5日、ブラジルでは大統領選挙の投票が行なわれ人々の話題を独占したが、それは映画でも同じだった。

この週末にブラジルの映画興行成績で最も稼いだ映画も、ブラジルの大統領選をテーマにしたものだった。

映画の名は「オ・カンジダット・オネスト」。その名もズバリ、「正直な候補者」だ。

この映画は、もともとは周囲から好感を持たれていた陽気なバスの労働組合会長が、汚職に汚職を重ねることで出世して政界進出も果たした上、遂には大統領選にまで立候補するというもの。(映画の中の)選挙でも主人公は一次投票を突破し、決選投票でも勝利に手が届く状況だったが、魔法の力を持つ彼の祖母が死の淵で最後の魔法をかけた。それは、彼が二度と嘘をつけなくなる、というものだった。

この映画で主役を演じるのは、レアンドロ・アッスン(41)。現在、ブラジル映画界で最も稼ぐコメディ俳優だ。彼が出演した、ここ4作の主演映画の興行成績の合計は9880万レアル。これは、同じくコメディ俳優のファビオ・ポルシャの8410万レアルを上回り、ブラジルの俳優全体で1位。ハリウッド・デビューも果たした実力派で国民的俳優のセウトン(セルトン)・メロ(3720万レアル)やヴァギネル・モウラ(2090万レアル)の倍以上の数字だ。

レアンドロは出世作となった「幸運が僕たちを別れさせるまで」で、宝くじが当たって物欲に歯止めがかからなくなる主人公の役を演じているが、今回の「正直な候補者」も、同作の監督、脚本家とタッグを組んだ一作だった。

こうした風刺映画は彼の得意とするところだが、レアンドロは今回の映画を「最も難しい作品だった」と語っている。

「政治に対する意見は込められているが、同時にそれを偏ったものにしたくなかった。そうしないと、自分たちの意見が政党のプロパガンダ(宣伝)みたいになりかねないからね」とレアンドロは語っている。

また、レアンドロと言えば、肥満体を揺らして体で笑いを取るタイプとしても有名だが、先頃、テレビ番組のインタビューで、「健康のことを考えて」、11月に胃の縮小手術をすることを明らかにしている。

「正直な候補者」は選挙のあった週末、547万6600レアルを稼ぎ、2位の映画に倍以上の差をつけて、ブラジルで最も見られた映画となっている(3日付「G1」サイトより)。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Divulgação)
映画「オ・カンジダート・オネスト(正直な候補者)」

■関連記事
聖市中央に「都会のビーチ」。広場に木製デッキとチェア
ブラジル大統領選、ジウマ候補とアエシオ・ネヴィス候補の二次投票が確定
強豪サッカークラブのコリンチャンスが「シンプソンズ」とライセンス契約
「ミスブンブン2014」ホンドニア代表のヘベッカさん、自宅に中傷の落書きされる
ブラジリアで“ピンクの10月”はじまる

このエントリーをはてなブックマークに追加