• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルの選挙におけるメディアの存在

汚職はもうたくさんのメッセージ

10月5日にブラジル大統領選挙の第1回投票が行われ、過半数を超えた候補者がいなかったため、26日に上位2者による決選投票で決せられることとなった。

02年の大統領選挙から毎回決戦投票となっているため、これは想定の範囲内であったが、これまでの与党と最大野党の戦いではなく、一時は第3の候補であるシルバ(マリーナ・シウヴァ)候補が残るのではないかという期待もあったが、終盤のネガティブキャンペーンであえなく失速し、得票率21.3%で前回と同じ3位に終わった。

しかし、現職のジルマ・ルセフ候補が同41.6%、2位のネベス候補が同33.6%であったため、シルバ氏の意向がキャスティングボードを握っている。

「イボッピ」「ダッタフォーリャ」という2つの調査機関がさっそく第2回投票に関する世論調査を実施し、9日に結果を発表した。数字的には僅差ではあるが、ネベス候補がジルマ・ルセフ候補を上回る結果となった。さらに、調査後にシルバ氏がネベス候補支持を打ち出したため、優勢になりつつある。

しかし、現段階での世論調査があてにならないのは洋の東西を問わず同じで、今後2週間の攻防で激しく状況は入れ替わるだろう。与党と最大野党が激しくたたき合うなかで、メディアの取材報道も多くなり、これまで出てこなかった新しい事実も明るみになりつつある。

その1つが与党による国営石油公社ペトロブラスを舞台にした汚職報道であろう。

これはペルナンブッコ州の製油所建設に絡んだ贈賄事件だが、逮捕された容疑者が契約額の1-3%が連立を組む与党全体にばらまいたことを証言したと報道している。驚くのは額の大きさと膨らみ方だ。

当初予算は56億レアル(約2520億円)で11年に完成する予定だった。その3%だけでも約75億円と巨額であるが、未完成であるうえに、工費が追加になって、何と460億レアル(約2兆円)まで膨らんだ。ほぼ10倍である。贈賄額は600億円を超えてケタ外れで、日本であれば選挙どころではないだろうし、与党が勝つ見込みはまったくなくなるだろう。

ブラジルでは「またか」という感じではあるが、当然、新聞各紙で報道された。

今回の事件は氷山の一角で、現政権になってからの経済の失速の原因の一つがここにあることは明らかであり、知識層や都市部のホワイトカラー層は政権交代を望んでいる。しかし残念ながら、政権交代が簡単には起こらないのがブラジルである。

それが簡単ではない一因はメディアにもある(次ページへつづく)。

(文/輿石信男/クォンタム、記事提供/モーニングスター、写真/Bruno Magalhaes /Coligação muda Brasil)
写真は10月11日。アエシオ・ネヴィス候補が州知事を務めていたミナスジェライス州の首都ベロオリゾンチにあるリベルダーヂ広場で、アエシオ候補応援集会が開かれた。「汚職はもうたくさん」と書かれたパネルが掲げられている

■関連記事
ブラジル中銀週報。14年GDP伸び率を20週ぶり上方修正
ブラジル、エボラの疑いのある患者は陰性でも、引き続き対策の徹底を確認
「HostelBookers」のベストホステル南米ランキング、ブラジルから4ホテルが選ばれる
ブラジルは「景気が悪化している」といえるか?
コリンチャンスJAPANがフットサル元ブラジル代表監督のマルコス・ソラト氏と提携

1 2
このエントリーをはてなブックマークに追加