• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジル、2014~2015年のサマータイムは10月19日から2015年2月22日まで

ブラジルのサマータイム

2014年から2015年にかけてのブラジルのサマータイムは10月19日(日)から始まることを「ポータウ・ブラジル」が公表した。

南部(リオグランヂドスウ、パラナ、サンタカタリーナ)、南東部(リオデジャネイロ、サンパウロ、ミナスジェライス、エスピリットサント)、中西部(連邦直轄区、ゴイアス、マッチグロッソ、マットグロッソドスウ)では時計の針を1時間進めることになる。

最も消費される時間にエネルギーを節約するために導入されるこのシステムは、2015年2月22日まで行われる。

サマータイムは毎年10月の第3日曜にはじまり、翌年2月の第3日曜に終了する。ただし、日曜日がカーニバルと重なる年はサマータイムの終了は次の日曜にずらされることになっている。

2015年はカーニバルが2月の3週目に重なるため、サマータイムの終了は22日となる。カーニバルの週からサマータイムの終了日をずらす措置は、祭りで盛り上がる中で、時計を1時間戻すことを忘れる人が出ることを防ぐためだという。

サマータイム制度がはじめて導入されたのは1931年。導入の目的は、日照時間を有効的に活用してエネルギーの消費量を削減すること。この時期は暑い時期であることに加え、クリスマス前で工業生産が増加するため、エネルギーの消費が高まるためとのこと。

サマータイムを導入すると、18時~21時の間など、一日で最も供給量が多くなる時間にエネルギーを削減することができる。

鉱山エネルギー省によると近年の電力消費はサマータイムを導入している地域では、エネルギー需要は平均5%減少しているという。

(文/麻生雅人、写真/Renato Araújo/ABr (Arquivo))

■関連記事
ブラジル、エボラの疑いのある患者は陰性でも、引き続き対策の徹底を確認
ブラジルのエボラ感染を疑われていた患者、ウィルス感染しておらず。1次テストに続き2次テストも陰性
サンパウロにブラジル初の讃岐うどん専門店がオープン
「HostelBookers」のベストホステル南米ランキング、ブラジルから4ホテルが選ばれる
ブラジルの選挙におけるメディアの存在

このエントリーをはてなブックマークに追加