• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ウルグアイでも大統領選。タバレ前大統領が優勢

タバレ元ウルグアイ大統領

伯国(ブラジル)で大統領選と知事選の決選投票が行われる(10月)26日は、ウルグアイでも統一選挙が行われる。

23日付エスタード紙などによると、現時点での支持率トップは拡大戦線(FA)のタバレ・バスケス前大統領の42%だ。その後を国民党ルイス・ラカレ・ポウ氏(32%)、コロラド党ペドロ・ボルダベリ氏(14%)らが追っている。

拡大戦線は伝統政党に含まれない進歩勢力が1971年に結成した連立組織で、社会主義者や共産主義者、キリスト教社会主義者などの他、国民党やコロラド党の元党員も加わっている。主な構成政党は、ホセ・ムヒカ現大統領が所属する人民参加運動(MPP)や、ウルグアイ会議、社会党、共産党、進歩同盟、人民勝利党、革命的労働者党などで、バスケス氏は社会党に属している。

バスケス氏は04年の選挙で勝利した同国初の左派系大統領で、05年3月~10年3月の任期中は常に高い支持率を維持していた。

国会議員選では、拡大戦線が41%、国民党が29.2%、コロラド党が13.5%の議席を獲得すると見られている。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Ricardo Stuckert/Instituto Lula)
写真は2月18日、ウルグアイ、モンテヴィデオ。ブラジルのルーラ前大統領(左)と会談したタバレ氏(右)

■関連記事
サンパウロのアウキミン州知事、節水割引の新プランを11月から施行か
米州ボリバル同盟諸国がハバナでエボラ対策会議。中南米への拡散防止と西アフリカ支援計画を承認
ブラジルのサッカー・サポーター、乱闘でまたも死者
リオデジャネイロで賞金首の密売人がオリンピック村に侵入、記念写真を撮影
デング熱にかかった歌姫イヴェッチ、Facebookにメッセージ「体が痛い!」

このエントリーをはてなブックマークに追加