• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

アエシオ・ネーヴィス議員、議会で吠える。ペトロブラス疑惑の追及と厳罰を要求

アエシオ・ネーヴィス

大統領選が終了して約10日後の(11月)5日、再選したジウマ(・ルーセフ)大統領(労働者党・PT)と、惜しくも敗れたアエシオ・ネーヴェス(ネーヴィス)上院議員(民主社会党・PSDB)はそれぞれの場で間接的に舌戦を展開した。6日付伯字紙が報じている。

ジウマ大統領は5日、再選後の最初の公的行事として、大統領官邸に社会民主党(PSD)の首脳たちを迎えた。

その席で、PSDBが大統領選の得票結果に疑念を抱いていることに関し、アエシオ氏の名前はあげず、「敗者側が怒るというのは民主主義を理解していないということ。選挙での勝敗は民主主義にはつきものの過程だ。もう選挙戦は終えるべきだ」と語った。

また、ジウマ氏は「選挙に勝ったからと言って、奢ってはいけない」と語った後、「選挙に負けたからと言って自分の主張や立場を放棄しなければならないわけでもない」と発言。以前から自身が望んでいる野党側との対話を求めた。

一方、アエシオ氏は、4日にブラジリアの連邦議会に復帰した。

その際に「大統領が現在の姿勢を変えない限り対話には応じない」と語っていたが、5日に上院で行なった演説では、その意向をさらに強く示した。

アエシオ氏は「大統領との対話は、伯国(ブラジル)史上最大規模のスキャンダルであるペトロブラス疑惑に対してしかるべき捜査が行なわれ、厳罰を科すことが条件だ」と連邦政府に釘を刺した。

アエシオ氏は、ジウマ氏の選挙戦は「なんでもありで、嘘や中傷まで行なって国を二分した」とし、選挙戦で遺恨が残ったことも示した。

さらにアエシオ氏は、3日にPTの首脳が発表した政治改革のための要綱に関しても攻撃した。その要綱の中には「メディア規制法」の創設が含まれており、アエシオ氏は「政府の意向に反する意見を抑圧する支配的なものだ」と批判した。

また、大統領選後の2日後に下院が、ジウマ氏が大統領令として出した「国民投票案」を否定する決議を行なったことに関し、上院も同様の決議をする意向であることを確認した。

一方、5日のジウマ氏とPSD首脳の会合では、党首のジルベルト・カサビ前聖市市長が、PSDはジウマ大統領と一体となり、次の4年間も共に政権を担う意向だと表明した。カサビ氏は次期政権で都市相を任されると予想されている。

PSDとの会合では、同党党員で元中央銀行総裁のエンリケ・メイレーレス(エンヒッキ・メイレリス)氏が出席するかも注目されていたが、同氏の出席はなかったようだ。メイレーレス(メイレリス)氏はルーラ前大統領がギド・マンテガ財務相の後任候補の一人として推薦しているが、ジウマ氏は同氏以外の人物を任命したいと考えている。

市場関係者らは財務相の後任は来週末にオーストラリアのブリスベーンで開催されるG20首脳会議前に決まるかと期待していたが、ジウマ氏は5日、閣僚人事はG20以降、徐々に進めると明言した。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Geraldo Magela/Agência Senado)
写真は11月5日、ブラジリア。連邦上院議会で演説するアエシオ・ネーヴィス議員

■関連記事
秋の叙勲、赤木政敏氏ら三氏。外国人勲章にUSP学長も
ブラジリアで人質事件。犯人逮捕劇の写真公開される
2015年9月、第1回世界先住民競技大会をブラジルで開催へ。日本へも参加を呼びかける模様
リオデジャネイロで、2016年のオリンピック・パラリンピックに向けて、キリスト像のレプリカ制作はじまる
ブラジルの“お盆”「死者の日」の風物詩、レジストロ市の灯ろう流し行われる

このエントリーをはてなブックマークに追加