• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

マルタ文化相辞任の背景は? 2016年のサンパウロ市長選で民主運動党(PMDB)へ移籍の可能性も

マルタスプリシ―大臣辞任

ジウマ大統領が不在中の(11月)11日、元聖市市長(01~04年)でもあるマルタ・スプリシー文化相(労働者党・PT)が現政権の経済政策への批判を込めた辞表を提出したことは、ジウマ政権の閣僚関係の不和を伺わせるもので、大統領府関係者を驚かせた。

マルタ氏は16年の聖市市長選出馬に意欲を燃やしており、いざとなればPTを離党しての出馬もあると見られている。12日付伯字紙が報じている。

12年の市長選の折りに、PTからの聖市市長候補をフェルナンド・ハダジ氏(現市長)に譲るのと引き換えに文化相に就任したマルタ氏だが、在任中も同氏にはやりにくい環境があった。

当時の文化省は予算も少なく、大統領との対話の機会も余りなかった。更に、議会で通過したはずの法案が財務省の消極的な動きが障壁となって実行に移せなかったことも不満を募らせた。

同氏が在任中、文化手当てを支給する「ヴァーリ・クートゥーラ(文化クーポン)」や、著作権管理団体の「徴収権料徴収・配布中央事務所(ECAD)」を連邦政府が監査する法案などが議会を通過したが、零細企業への減税措置などがとられなかったため、文化手当て受給者は1%にも満たない。芸術作品などへの減税交渉やルアネー法改定も折り合いがつかず、これらのプロジェクトに関して政府に提出した法改正も何カ月も停滞したままだ。

また、マルタ氏が年頭に「大統領選にルーラ氏を」と呼びかけたことで大統領府との関係が悪化。ジウマ氏やルーラ氏が大統領選キャンペーンで、歌手たちを伴うイベントの調整役を2008~10年に文化相を務めたジュッカ・フェレイラ氏(現・聖市文化局長)に任せたことで、不愉快になったマルタ氏は、聖州でのジウマ氏のキャンペーン参加を拒否した。

また、大統領選の決選投票が終わった数日後、マルタ氏はルーラ氏に、16年の聖市市長選のPTからの候補の座をハダジ(アダジ)氏と党内選挙で争いたい意向を示した。

マルタ氏が12年に候補の座を譲ったハダジ(アダジ)氏への支持率は、現在低迷したままだ。聖州知事選も、PTが本来強かった聖市極南部やイタケーラなどの東部でさえ、ジェラウド・アウキミン氏(民主社会党・PSDB)に敗れる惨敗振りだった。

ただ、ジウマ氏やルーラ氏はハダジ(アダジ)氏再選を推す意向で、04年、08年に落選したマルタ氏の擁立は考えにくい。同氏は離党も辞さないと見られている。その場合、同氏の夫で聖市の競馬場、ジョッキー・クラブの元経営者のマルシオ・トレド氏がミシェウ・テメル副大統領の親友であることから、民主運動党(PMDB)への移籍が最も有力だと考えられる。

ジウマ政権での閣僚関係の不和は、10日のジルベルト・カルバーリョ大統領府総務長官の(第一期ジウマ政権では)「対話が不足していた」との談話からもうかがわれる。同氏も第二期政権での閣僚入りはないと見られている。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Marcelo Camargo/ABr)
写真は2012年11月20日。黒人意識の日(ズンビの日)のイベントに出席したマルタ・スプリシー文化相(当時)

■関連記事
夏の電力は水と火が頼り、懸念されるダム水位の低下
マルタ・スプリシー文化相が辞任。政府には政策批判を進言
キャットウォークでドッグウォーク!? サンパウロファッションウィーク、ショーのステージ上で犬の里親募集
ブラジリアで4名のミスプラスサイズが太った人への嫌悪や差別に抗議
ポール・マッカートニー、エスピリットサント州で公演

このエントリーをはてなブックマークに追加