• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

電気自動車で燃費節約、5カ月で約26万5000円節約に。ブラジル、クリチーバ市のプロジェクト

クリチバ市電気自動車

パラナ州クリチバ(クリチーバ)市が小型の電気自動車を10台購入したところ、5カ月間の燃費がガソリン車より82%も安くなり、5700レアル節約できた上、環境にも優しい事が確認された(11月23日、クリチバ市が公表)。

電気自動車10台が5カ月間で走った距離は2万4千キロを超えたが、この間の電気代は1200レアル。従来使っていたガソリン車ならば、この距離を走るには6900レアルかかり、5799レアルの節約出来た。

また、この間に排出した二酸化炭素の量は、ガソリン車より3トン分少なくなったという。

市役所の担当者は5カ月間の数字を見た上で、購入に際しても予算上、極端に負担が増えた訳ではなく、その後の経費や温室効果ガスの排出量を考えれば、充分すぎるほど採算が取れると判断している。
 
電気自動車購入はクリチバ市役所とイタイプー発電所、ルノー・日産、ポルトガルのCEIIA社が共同で進めているプロジェクトだ。10台の車は、市警備隊と市交通局、クリチバ観光研究所ならびに市長と副市長、その秘書室関係者らが使用している。

※為替は1ヘアウ(レアル)=46.572636円で換算

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/SMCS)
クリチーバ市が導入した電気自動車

■関連記事
サンパウロ、冬でもデング熱。世界的にも最も暑い年
2016年リオデジャネイロ・オリンピック・パラリンピックのマスコット公表される
サンパウロで飛行機がビルに激突の予言!? TAM(タン)航空が予言にあった便名を変更
ブラジルの窃盗団、「いいね!」欲しさに盗品写真をSNSに投稿して、御用
ブラジル南部のストリーキング流行を受けてクリエイターがゲームを制作。規制されるも、新ヴァージョンを公表

このエントリーをはてなブックマークに追加