• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

クラック天国、パウリスタ大通り近くに新たに形成される

ノーヴォ・クラコランジア

TVグローボが12月18日付で番組「ジョルナウ・オージ」で報じたところによると、新たなクラック天国(cracolândia:クラコランヂア)が、パウリスタ大通りから遠くない場所に形成されつつあるようだ。

新たにクラック天国となりつつあるのは、イジエノーポリス地区にあるマレシャウ・コルデイロ・ヂ・ファリーアス公園。パウリスタ大通り、アンジェリカ通り、ドトール・アルナウド通り、ヘボウサス通り、コンソラサゥン通りが交差する場所にある。

クラック天国では昼夜を問わずクラックの売買、吸引が堂々と行われ、近辺では薬物使用者が道行く人を襲い現金や携帯電話などを奪うケースが多発している。

治安の悪化を心配する地域住民が警察に通報しても「彼らは住む場所がないので強制的に排除することはできない」と、取り締まりに動き出す気配が見えないという。

一方警察は「現在も薬物掃討作戦を展開しており、今のところパウリスタ大通り近辺で薬物使用者による犯罪の通報はない」と説明している。

(文/余田庸子、写真/Reprodução/「Jornal Hoje」/TV Globo)
TVGloboのニュース番組「ジョルナウ・オージ」は、日本ではTVグローボインターナショナルで放送中。視聴問い合わせは03-4510-0770まで

■関連記事
水不足のサンパウロ、2015年から水の浪費に罰金を徴収へ
2014年、グーグルで世界で最も検索されたワード発表。上位に「ロビン・ウィリアムス」や、「ワールドカップ」、「エボラ」。ブラジルでは「お米の炊き方」も
2016年リオ・オリンピック・パラリンピックのマスコット名、「ヴィニシウスとトン」に決定
日ブラジル外交関係樹立120周年、ロゴマークが決定
カカオがつなぐ日本とブラジル 第7回:ブラジル発Tree to Barチョコレート

このエントリーをはてなブックマークに追加