• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

社会階層と成績が相関? 国家高等教育試験(ENEM)の結果発表される

ENEMリオ会場

国立教育研究院(INEP)が(12月)22日に2013年度のEnem(国家高等教育試験)の結果を発表した。

(その結果)社会階層が同じだと公私を問わず同程度の成績をとっている事や、上位10%に占める公立校の割合が少し増えた事などが確認されたと23日付伯字紙が報じた。

この試験は高校3年生以上が対象で、連邦大学の入試やその一部として使われ始めた09年からは受験生が増えている。

学校別の成績では、聖(サンパウロ)市のオブジェチーヴォ・インテグラードが5年連続1位。2位はミナス州ベロ・オリゾンテ(ベロオリゾンチ)のベルノウリ(ルーデス校)、3位はリオ市のポント・デ・エンシーノだった。上位10位にはミナス州4校、聖州とリオ州各2校、ピアウイ州とセアラ州各1校が入った。

公立校トップはミナス州ヴィソーザのヴィソーザ連邦大学付属校の12位、その次はレシフェ(ヘシーフィ)のペルナンブコ連邦大学付属校の48位となる。

高校3年生が10人以上おり、その半数以上が受験した学校は1万4715校で、成績上位の1472校(10%)中107校(7.3%)は公立校だった。エリート校中の公立校は前年の6.6%より増えた。

Enemブラジリア

私立校の平均点は553.68点で、公立校の449.05点と差が大きいが、社会階層が高いと私立校570.13点に対し公立校550.67点、中程度は502.74点と480.77点、低い場合も452.66点と449.05点となり、公私の別より社会階層による差が大きい事が判明した。

上位1472校だけ見ると、社会階層が高いか非常に高い(家庭収入が最低賃金以上、親の学歴も大卒以上)家庭の生徒がいる学校が95%(公立校だけだと76%)あった。

ただ、社会階層が低いグループで成績がトップだったミナス州立のペドロ・テイシェイラのように、昼間は畑で働いて夜学ぶという環境の中で546.56点(3827位)をとり、出席率も抜群の学校もある。同校では昨年、Enem受験者10人中6人が連邦大学に進学した。

受験生の成績には、親の学歴や文化的な素養も影響する。サンパウロ総合大学のパウラ・ロウザノ氏によると、所得や親の素養などの家庭的要因が成績に与える影響は7割に及ぶ。私立校は授業料を払える、入試に受かるという2段階の選抜もなされるため、成績も公立校より良い例が多い。

聖州の高校は3005校がEnemに参加し、上位10%に28校(32%)が入った。平均は514.02点(公立499点、私立563.48点)と高いが、09年の36%より比率が落ちた。同州の公立校1位のカンピーナス大学付属校は116位、2位のサンパウロ技術校(Etesp)は121位だった。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真上/Tomaz Silva/Agência Brasil、写真下/Marcelo Camargo/Agência Brasil)
写真上は11月8日、試験初日のリオデジャネイロ会場。
写真下は11月9日、ブラジリア会場。試験初日の結果の感想を語り合う受験者たち。ジェシカ・フラザォンさん(18)、ジェシカ・バルボーザさん(21)、ジェシカ・ヘイスさん(18)、ジュリー・ダ・シウヴァさん(18)

■関連記事
アパグループ代表、元谷夫妻が来伯講演。日本の自虐史観が形成された経緯を紐解くなど独自の歴史観を披露
交流の促進と、支援への感謝を込めて。青森のねぶたがサンバカーニバルに参加
金融・経済系のコンサルティング会社が選んだ、ブラジル最優良都市とは…
サンパウロのプリン専門店、クリスマス需要で大わらわ
サンパウロ市のバスから料金徴収係りがなくなる!?

このエントリーをはてなブックマークに追加