• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

サンパウロ美術館(MASP)、2015年より入館料を値上げ

サンパウロ美術館

12月18日に公表された官報によると、サンパウロの芸術、観光、考古学の歴史遺産保護評議会(Condephaat)が満場一致でサンパウロ美術館(MASP)の保全に取り組むための規制案を採択したと現地メディア(「エスタダォン」12月25日)が伝えている。

Condephaatによると、シケイラ・カンポス中尉公園(トリアノン公園)と、両者をつなぐ道、建物の裏側や隣接する公共の空間なども保護プロジェクトに含まれるという。

また、経営難にある同美術館の入場料は、現在の15ヘアイスから、2015年より25ヘアイスに値上げするとのこと。この料金で全ての展示が見られるが、サンパウロ市にある美術館で最も入場料が高い美術館になるという。

(文/麻生雅人、写真/Rafael Neddermeyer/Fotos Públicas)

■関連記事
治安維持部隊UPP配置から6年。変わりゆくファヴェーラ
巨大人形からそっくりさん(?)まで。サンパウロの街ではさまざまなサンタクロースが活躍
フルッタフルッタが2014年収穫のアサイーを使った「アサイー・ヌーボー」を新発売
ネイマール、子どもたちのための教育福祉施設を開館
金融・経済系のコンサルティング会社が選んだ、ブラジル最優良都市とは…

このエントリーをはてなブックマークに追加