• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

サンパウロ市東部で突発性大雨。突発性の大雨で浸水発生。空港・鉄道にも影響

(1月)7日の午後聖市を襲った大雨は、各地で浸水などを引き起こし、空の便にも影響を与えたと8日付の伯字各紙が報じている。

一番大きな影響を受けたのは聖市東部で、チクアチーラ川周辺では午後6時過ぎに川沿いを走る大通りが冠水し、車両・バスが水に浸かった。聖市非常事態管理センター(CGE)はペーニャ地区に警報を発令した。

同じ頃、パウリスタ都電公社(CPTM)の12号線では、線路上にまたがる歩行者用の歩道橋の一部の金属板が線路上に倒れ、ブラス駅とジャルジン・ロマーノ(ホマーノ)駅間が終日不通となり、乗客は代替バス輸送を利用した。尚、夜通しの復旧作業の結果、CPTM12号線は8日始発より通常運転に戻った。

CPTMの不通に苛立った一部の市民は、USPレステ(レスチ)駅とコメンダドール・エルメリーノ駅で改札機を壊し、コントロールセンターに火をつけた。群集は駅の警備員によって制止された。この暴力行為による怪我人、逮捕者は出ていない。

ペーニャ地区と聖市近隣のコンゴーニャス、クンビカの2空港では雹も降り、滑走路が一時使えなくなったため、離着陸に遅延が起きた。2空港へ着陸予定の便は、リオや聖州の他の空港への行き先の変更を余儀なくされた。

CGEによると、雨はカンタレイラとアルト(アウト)・チエテの両水系にも降った。カンタレイラでは午後から夜半にかけて標準から強めの雨が降り、アルト(アウト)・チエテではそれほど長くは降らなかったが、雨の勢いは強かった。

気象情報会社、気候研究センター(Climatempo)のマルセロ・ピニェイロ氏は水位上昇の可能性は少ないとの見方を示した。聖州水道公社(SABESP)によると、8日現在の両水系の貯水率はカンタレイラ6.8%、アルト(アウト)・チエテ11.7%で前日と同率だった。

(記事提供/ニッケイ新聞)

■関連記事
14年の貿易収支赤字に。工業界の競争力低下等響く
暴走小型トラック、市街地で路面オフィスに激突
2014年、ブラジルで最も人気のあった赤ちゃんの名前は!?  ~サンパウロ編
3人の少年たちと、闘い続ける人々の気持ちがブラジルを変える!? 映画「トラッシュ!-この街が輝く日まで-」
ブラジル、先住民の自殺が全国平均の6倍に

このエントリーをはてなブックマークに追加