• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

「労働者党(PT)は変わらなければ死ぬ」。マルタ前文化大臣の党批判、波紋呼ぶ

マルタ前文化大臣

元サンパウロ市市長(2001~04年)で前文化相のマルタ・スプリシー上院議員(労働者党・PT)が(1月)11日付エスタード紙掲載のインタビューで行った痛烈なPT批判が大きな波紋を呼びジウマ大統領をはじめとした連邦政府との対立も生んでいる。

サンパウロ市市長選への出馬意欲が消えない同氏は、PT離党も視野に入れている。11、13日付伯字紙が報じている。

マルタ氏は11日付エスタード紙掲載のインタビューで、文化相を辞任したいきさつや現在のPTに対する不満をあらわにした。

それによると、同氏が文化相を辞任したのは、16年のサンパウロ市市長選挙でPTがフェルナンド・ハダジ(アダジ)現市長の再選を目指すと決めたからで、その直後、マルタ氏はルーラ前大統領に辞任を申し入れている。

また、ジウマ大統領に関しては、その経済政策に納得がいかず、それゆえに「ルーラ氏が大統領に再出馬すべきだ」との運動を起こしたいきさつなどにも触れた。

さらに、アロイージオ・メルカダンテ(メルカダンチ)官房長官を「敵」、ルイ・ファルコン(フイ・ファウカォン)党首を「裏切り者」と呼び、「誰が国にとって最良の人物かという議論をするのを避けた」と責めた。

メルカダンテ(メルカダンチ)氏に関しては「”18年の大統領候補はルーラ氏だ”などと発言しているが、実際の最有力候補はメルカダンテ(メルカダンチ)氏本人で、ルイ(フイ)氏や(選挙参謀の)ジョアン・サンタナ氏とともにルーラ阻止に動いている」と語った。

また、同氏の後任として、第2期ルーラ政権以来\5年ぶりに文化相に復帰するジュッカ・フェレイラ(フェヘイラ)氏(PT)に対しても「以前の文化相時代は不正が多かったので、国庫庁にそのことについて報告した」と語った。

そしてペトロロンに関しても「新聞をめくるたびに”これが自分が立ち上げを手伝った政党か”と疑いたくなる」と語り、「PTは変わらなければ終わる」と語った。

マルタ氏は自らの処遇について、PTを離党する可能性があることも示唆し、「民主社会党(PSDB)と民主党(DEM)以外であれば話は聞く」とした。

この発言に、ジウマ政権やPTも動いた。

12日のジュッカ文化相の就任式には、メルカダンテ(メルカダンチ)官房長官をはじめ11人の大臣がかけつけ、連帯を改めて示した。この席で新文化相は、マルタ氏は「神に向かって銃を向けたが、小さな教区の神父に当たった」と皮肉った上、「私はマダムにルイ・ヴィトンのバッグで殴られた」として、マルタ氏の批判に反撃した。

3日付フォーリャ紙によると、国庫庁はマルタ氏が文化相だった2013年に停止された外部団体との事業契約の48.75%は実行されてなかったと指摘している。

一方、13日付サンパウロ市官報は、ガブリエル(ガブリエウ)・シャリッタ氏(民主運動党・PMDB)が今週、市教育局長に就任すると報じた。

これは16年のサンパウロ市市長選でシャリッタ氏を副市長に据えるというPTの作戦によるもので、移籍先としてPMDBの噂もあるマルタ氏の動きを阻止する狙いがある。マルタ氏の受け入れ先にはブラジル社会党(PSB)や連帯(SDD)の名もあがっている。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Luiz Murauskas (01/04/2014))
写真は2014年4月1日、サンパウロ。軍事政権下に謎の死を遂げたファッションデザイナー、ズズ・アンジェウ展の開会式に出席したマルタ・スプリシー文化大臣(当時)

■関連記事
大サンパウロ市圏の水圧また低下。降水量なかなか回復せず
リオデジャネイロ市が「リオ450周年の女王」コンテストを開催
ブラジリアでは2015年のサンバカーニバルが中止!? 資金不足で予算つかず
ブラジルの国民的飲料ガラナのアサイー入り新商品、「ガラナ・ブラッキ」発売に
任天堂、ブラジルでのゲーム販売を停止へ。関税が障壁に

このエントリーをはてなブックマークに追加