• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ジウマ大統領、ボリビアを訪問。エヴォ・モラレス大統領の就任式(3期目)出席のため

ジウマ大統領とモラレス大統領

ジウマ大(・フセフィ/ルセフ/ルセーフ)統領は(1月)22日、ボリビアの首都ラパスを訪れ、3期目となるエヴォ・モラレス大統領の大統領就任式に出席した。

今回、ジウマ大統領がこの式に参加することにしたのは、エヴォ・モラレス氏が1月1日にブラジリアで行われたジウマ氏の再任式にかけつけたことへの返礼としてだ。

この式に参加するため、ジウマ氏は、スイスで行われている世界経済フォーラムの総会、ダボス会議への出席をキャンセルしたほどだ。こうしたところは、南米首脳間の絆の深さをうかがわせる。

エヴォ大統領はボリビア史上初の先住民出身の大統領で、伝統的な風習を大事にしている人物としても有名だ。公的な場所でもネクタイやスーツは一切着用せず、日本の詰襟学生服を思わせるような民族衣装で必ず現れる。

この日も、1月の南米の暑い夏の真っ盛りだったが、エヴォ氏は赤いポンチョに長いマフラーを羽織ってジウマ大統領を空港で迎え、ジウマ氏も儀礼に応えるかのようにピンクの羽織を身にまとった。その他、ラテン・アメリカ各国の首脳にも、長いマフラー羽織る姿が目立った。

就任式はラパスのプルリナシオナル議会場で行われ、ラテン・アメリカの各国首脳が見守る中、厳粛に行われた。エヴォ大統領は2006年1月22日に大統領に就任して以来、今回が3期目となる。

エヴォ氏はボリビアの社会主義運動のリーダーとして頭角を現したことでも代表されるように強い左翼志向で知られる。また、ベネズエラのウゴ・チャヴェス前大統領の信奉者としても知られ、13年3月のチャヴェス氏の葬儀の際にも真っ先にかけつけた。この日の最初の演説でも、チャヴェス氏やキューバのフィデル・カストロ前評議会議長を讃え、反帝国主義を改めて唱えている。

また、ベネズエラ、アルゼンチン、ブラジルと、南米の左翼政権が財政的に苦しい状況を迎える中、エヴォ大統領はボリビアを堅調に経済成長させ、実績をあげている。

ジウマ大統領の外遊は引き続き行われ、来週にはコスタ・リカで開かれるラテンアメリカ・カリブ諸国共同体(Celac)の首脳会議に参加する。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Roberto Stuckert Filho/PR)
1月22日、ボリビア、ラパス。エヴォ・モラレス大統領(手前中央)の出迎えを受けるジウマ大統領(手前左)

■関連記事
SNSを通じて2014年に生じた商取引額は、世界11カ国で2270億ドル。450万人の雇用確保に
サンパウロ市、2015年は路上のカルナヴァウが白熱!? 登録ブロッコ数、2014年より100団体増
サンパウロで今年2度目の公共料金値上げ反対デモ
ブラジル政府、インドネシアでのブラジル人死刑執行に抗議。駐インドネシアの大使を召還
【ブラジル】消えゆく先住民族文化。15年後には先住民族言語の30%が消滅か

このエントリーをはてなブックマークに追加