• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

バイーア名物、ボンフィン教会の階段のお清め式(ラヴァージェン・ダス・エスカルダス・ド・ボンフィン)行われる

ラヴァージェン・ダス・エスカルダス・ド・ボンフィン

1月15日(木)、バイーア州サルヴァドール市のボンフィン教会で、階段のお清め式(ラヴァージェン・ダス・エスカルダス・ド・ボンフィン)が行われた。ブラジル政府が「ポータウ・ブラジル」を通じて広報した。

この行事は、毎年1月の第二木曜に、カンドンブレの信者たちが、ほうきと香りをつけた水で同教会の階段を洗い清める儀式。1773年から続いている。

儀式が始まったころは、ボンフィン教会のお祭りの準備のために奴隷たちが階段の清掃を行わなければならなかったという。

カトリックの教会であるボンフィン教会を舞台に今も行われているこの儀式は、カトリックとは関係がない。そのため、お清め式の当日は教会は閉められ立ち入りは禁止されるという(次ページへつづく)。

(文/麻生雅人、写真/Max Haack/Prefeitura de Salvador、参考資料/「Texts of Brazil 庶民の祭」(ブラジル連邦共和国外務省 文化部広報室))
写真は1月15日、バイーア州サルヴァドール市、ボンフィン教会の階段のお清め式(ラヴァージェン・ダス・エスカルダス・ド・ボンフィン)

■関連記事
クリチーバ市の聖母ホザーリオ教会で階段洗いの儀式行われる
ジウマ大統領、バイーアで文化団体オロドゥンの家を訪問
アフロブラジル文化が生んだボア・モルチ祭(バイーア州)、2014年も開催される
ワールドカップ期間中、スタジアムで郷土料理を提供。バイーアではアカラジェ、マナウスでは川魚フライなど
願いが叶いやすくなる?  ボンフィン教会のフィッタ、コットン素材に戻る。20年ぶりに生産もバイーアで

1 2 3 4
このエントリーをはてなブックマークに追加