• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

青少年の殺人犠牲者増加。1千人につき3.32人に

サンタマルタ地区のUPP

2012年、ブラジルでは12~18歳の青少年1千人につき3.32人が殺人事件の犠牲者となり、05年以降最悪の結果だった。

28日に発表されたのは、ユニセフやリオ州立大学関係者が、統一医療保健システム(SUS)や地理統計院(IBGE)のデータをまとめた結果だ。

28日付アジェンシア・ブラジルや29日付エスタード紙によると、12年の青少年の殺人犠牲者は11年の1千人あたり2.84人より17%増えた。

青少年の殺人率が高いのは、アラゴアス州の8.82人、バイア州の8.59人、セアラ州の7.74人。低いのはサンタカタリーナ州1.14人、アクレ州1.22人、サンパウロ州1.29人だった。

かつてはブラジル南東部が高率だったが、現在は北東部や北部の方が高率なのは、PCCなどの犯罪組織を封じ込めるという南東部での治安対策拡大や、北東部や北部の経済発展など、様々な要因がある。

地域別では北東部の1千人あたり5.97人が最悪で、以下、中西伯部3.74人、北部3.52人、南東部2.25人、南部2.44人と続く。

2019年までの犠牲者の予測は、北東部が万6180人で南東部の1万4323人を上回った。最少は中西部の3575人だ。黒人青少年の犠牲者は白人より2.96倍多く、男性の犠牲者は女性の11.92倍多かった。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/André Gomes de Melo/GERJ)
写真はリオデジャネイロ市、サンタマルタ地区のファヴェーラ。2014年12月時点で軍警察の常駐型治安維持部隊(UPP)が33のコミュニティに設置され同市の治安回復を促進した面もある

■関連記事
リオグランジドスウ州渓谷下り隊を襲った悲劇。滝から転落し2名死亡
1960年代に描かれた壁画「ジラウドの最後の晩餐」修復プロジェクトが始動
サンパウロがサンパウロであるための5つの理由とは
ブラジル人の約45%がコンドームを使用しない!?
違反したらねこパンチ!? ペット販売で、環境や心身状態のケア、義務付けられる

このエントリーをはてなブックマークに追加