• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

女性商店主、危機一髪。ブラジャーが銃弾から命を守る

ブラジャー 銃弾から主婦を守る

TVグローボが2月5日、番組「ジョルナウ・オージ」で伝えたところによると、パラー州ベレン市の路上で流れ弾に当たった女性が、ブラジャーのおかげで無傷だったという。

女性はベレン市郊外で商店を経営しており、銃撃は彼女の店の近所で起こった。ある別の女性が銃を持った男に携帯電話を盗まれた。その女性が当時のことをこう証言している。

「強盗はリボルバーを取り出し、私の携帯電話を盗みながら『近づくな』と言ったわ。で、私が『ドロボー!捕まえて!』と叫んだら強盗は振り返って撃ち始めたの」

その流れ弾が、通りの反対側にいた女性、イヴェッチさんに当たったのだ。

流れ弾に当たった時、イヴェッチさんと夫はちょうど別の店から出てきたところだった。弾がイヴェッチさんに当たるのを見た夫は「妻はもう死んだ」と思ったという。

銃弾を受けて帰宅した時のイヴェッチさんと夫の姿を防犯カメラがとらえていた。夫に支えられながら店に入ってきたイヴェッチさんは左胸を押さえている。

「2発目の銃声を聞いた時、自分の夫が『救急車を呼んでくれ。妻が心臓に銃弾を受けた』といっているのが聞こえた。私は『いやいや、私はなんともないわよ。血も出ていないし』と答えたら、夫は『俺は見たんだ。銃弾がお前に当たるところを』と言うのよ。でも私は痛いところもまったくないし」(イヴェッチさん)

幸い、弾はブラジャー左胸のワイヤーに当たって止まっていた。落ち着いてから念のため病院で検査を受けたが、怪我もまったくなかったという。

イヴェッチさんは無事だったが、強盗は今も武器を持ったまま逃走中だという。

(文/余田庸子、写真/Reprodução/TV Globo)
写真は銃弾とイヴェッチさんのブラジャー、「ジョルナウ・オージ」より。TVグローボの番組はIPCTV(グローボ・インターナショナル)で放送中。視聴のお問い合わせは、080-3510-0676 日本語対応ダイヤルまで

■関連記事
ブラジルの刑務所で、女性2人組が刑務官を酔わせて囚人27名を脱走させる
神戸出身の工藤めぐみさん、リオの名門サンバ団体の花形ダンサーとして活躍。7年目のカーニバル参加に向け猛練習
ET、カルナヴァウ仮装衣裳コンテストで優勝
ブラジル、行方不明になる子どもは年間に4万人
デング熱の流行で、サンパウロ州で4都市がカルナヴァウを中止に

このエントリーをはてなブックマークに追加