• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

荒くれサポーターも逆らえない最強警備員、現わる。母ちゃん警備隊、スタジアムに出動

母さん警備隊

ペルナンブコ州のレシフェ(ヘシーフィ)市で(2月)8日に開催されたサッカーの州選手権のエスポルチ対ナウチコ戦で、ファン達のお母さんを警備員として配備するという新しい喧嘩防止策が導入された。

アレーナ・ペルナンブコをホームとするエスポルチがこの日の警備のために採用したのは、ファン達の母親30人。

オジウヴィ・ブラジル社がリクルートした母親達は、同社が派遣した車で会場に到着。アレーナの警備を担当する会社が作ったビデオによる講義を受けた母親達は、オレンジ色のチョッキを身に着け、会場内に散らばった。

母ちゃん警備隊

初回の8日は会場内でのファン同士の喧嘩や暴力沙汰のすべてを防ぐ事は出来なかったが、母親が目の前にいるのに暴力行為を行う子供はいないはずとの思惑は見事に成功。会場では、屈強な男性が通路に立つ母親に抱きついて挨拶する光景も見られた。

エスポルチは今回の結果に満足し、今後も自分達のホームで行う試合では母親による警備を継続する意向を表明。警備を希望する母親は更に増えるとも見ている(10日付エスタード紙より)。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Reprodução/Globo Esporte/TV Globo)
写真はアレーナ・ペルナンブッコの母ちゃん警備隊、「グローボ・エスポルチ」より。TVグローボのスポーツニュース「グローボ・エスポルチ」」はIPCTV(グローボ・インターナショナル)で放送中。視聴のお問い合わせは、080-3510-0676 日本語対応ダイヤルまで

■関連記事
【ブラジル】14年はマイナス成長? ジェトゥーリオ・ヴァルガス財団が先行予想を発表
ブラジルの小規模事業数は950万、GDPの21%に。給与所得の40%を創出
モデルは東京。サンパウロのスクランブル交差点、3カ所目が開通
サンパウロでATM強盗が急増中
ブラジルの刑務所で、女性2人組が刑務官を酔わせて囚人27名を脱走させる

このエントリーをはてなブックマークに追加