• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルとインドネシア、死刑囚の刑執行をめぐる駆け引きで関係が緊張。今度はインドネシアが駐ブラジル大使を召還

グラルチ死刑囚

ジウマ大統領は(2月)20日、インドネシアから派遣されたばかりのトト・リヤント大使への同国政府からの信任状受け取りを拒否したと21日付伯字紙が報じた。この決定は、同国で1月にブラジル人死刑囚のカルドーゾ・モレイラ被告が処刑されたことで緊迫していた両国関係をさらに悪化させた。

これを受け、インドネシア政府は大使を本国に呼び戻した。これは外交上は激しい抗議の意思表明で、ジウマ大統領も1月に伯人が処刑された時に同じ事を行っている

信任状の受領拒否とそれに伴う大使の召還は、ブラジル政府が、2月に予定されているロドリゴ(ホドリゴ)・グラルチ被告(42)の死刑執行を食い止めようとしている最中に起こった。

インドネシア外務省はパウロ・ソアレ駐ブラジル大使を21日に召喚し、同件に関しての不快感をあらわにした。

関係者はインドネシア政府がブラジル大使に国外退去を命じる可能性もあると懸念しているが、「両国関係がどのような状態にあるのかを正確に知るために、事の推移を見守ることが重要だ。インドネシア政府の信任状の受け取りが多少遅れただけなのに」とジウマ大統領は述べた。

ジウマ大統領は1月にジョコ・ウィドド・イ国大統領にグラーチ被告の刑執行停止を求める書簡を送ったが、返事は来ていない。

リヤント大使は信任状受け取りの式出席のため、慣習通り同国の伝統衣装を着て大統領府に来たが、マウロ・ビエイラ外相から信任状の受け取りはインドネシア政府との交渉を待って行う意向だと伝えられ、そのまま立ち去った。

外務省は大統領の決定を驚きをもって受け止めた。前日発表した信任状を受け取る大使リストでは、同国大使の名は最初に記されていたためだ。

外交関係筋は、両国間の関係悪化がロドリゴ(ホドリゴ)・グラルチ死刑囚の刑の執行を早めかねないと危惧している。ブラジル外務省は20日、同死刑囚を統合失調症治療のために入院させるよう改めて要請していた。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Divulgação)
インドネシアで拘束されているホドリゴ・グラルチ死刑囚

■関連記事
ベネズエラで秘密部隊が令状もなく首都カラカスの市長を逮捕
バス強盗が増加するベレン市で、バス運転手に、怪しい人物がいるバス停を通過する権限与えられる
「地球上で最も美しいビーチ」でブラジルのフェルナンド・ジ・ノローニャが2連覇!
歌手のマルシア氏とサッカー元日本代表監督のジーコ氏、日本ブラジル外交樹立120周年親善大使に任命される
主婦も思わずぎょぎょぎょ!  ブラジルでは水不足とドル高で魚の値段が高騰

このエントリーをはてなブックマークに追加