• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルの元大富豪アイキ・バチスタ氏の担当判事、アイキ氏から没収したポルシェを乗り回す

アイキ・バチスタ氏

連邦裁判所監察官のナンシー・アンドリギ判事が(2月)26日、リオ連邦地裁のフラヴィオ・ロベルト・デ・ソウザ判事をエイケ(アイキ)・バチスタ氏のポルシェを運転していた事などにより、同氏に関する裁判の担当から外したと26日付アジェンシア・ブラジルや27日付伯字紙が報じた。

バチスタ氏はEBXと呼ばれる企業群を取り仕切り、ブラジル一の富豪として知られていたが、石油関連のOGXの株価急落などで急速に資産を失った。現在は市場操作や文書偽造、インサイダー取引などの疑いで審理を受けている。

同氏の審理を担当していたソウザ判事は、バチスタ氏とその家族の資産凍結と不動産を含む15億レアルの資産の没収を命じたが、24日にブラジルのメディアが同判事が没収資産の一つのポルシェを私的に乗り回しているのを発見。同判事は「太陽や雨で傷まないよう、自分が住むコンドミニアムの車庫に保管しており、極めて当然の行為」と釈明した事も報道した。

バチスタ氏の弁護士も、別の没収資産のピアノが同判事の隣人宅に持ち込まれていると指摘した。

アイキ・バチスタ

ナンシー判事は既に、ソウザ判事の行動を問題視し、具体的な調査を進める意向だったが、没収した資産を判事自身が利用する事やその管理下に置く事は司法担当者が守るべき倫理基準に反しており、何度も事情を聞いたりする中でも、同判事自身に基準を守ろうという意思が見られなかったために、審理から外す事を決めたという。同判事に対する懲罰は、改めて審理される。

ソウザ判事はバチスタ氏に関する審理を複数担当していたが、今回の判断により、既に始まったものも含め、すべての審理が他の判事にゆだねられる見込みだ。

(記事提供/ニッケイ新聞、 写真/Polícia Federal-RJ)
2月6日、連邦警察はアイキ氏が所有する6台の自動車を押収。押収された車にはポルシェたランボルギーニも含まれていた

■関連記事
暴風雨などで倒れた木がベンチや彫刻に
南部美女が勢ぞろい! ミス・サマーガール(ガロッタ・ヴェラォン)2015が決定。最終選考キャットウォーク写真集
2015年サンバカーニバル、美女ダンサー・パフォーマー写真集 ポルトアレグリのエンサイオ「ムアンバ」編
高齢者人口が増加傾向のブラジルで、高齢者向けサービス業に注目集まる
続くトラック運転手の道路封鎖ストライキ。ガソリン料金の引き上げで影響を受ける農業従事者や小売業者も連帯

このエントリーをはてなブックマークに追加