• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ペトロブラス贈収賄事件をめぐる調査委員会で、公社の元課長が2010年のジウマ大統領選挙戦での贈賄を供述

ペトロブラス贈収賄への抗議運動

10日、ペトロロン(ペトロブラス、ブラジル石油公社をめぐる贈収賄疑惑)に関する議会調査委員会(CPI)でペトロブラス元サービス部課長のペドロ・バルスコ被告の証人喚問が行われた

バルスコ被告は、ジウマ大統領が初当選を果たした2010年の大統領選挙で、30万米ドル相当の贈賄を行ったと供述した。11日付伯字紙が報じている。

バルスコ氏は昨年11月、連邦警察への報奨つきの供述の中で、「サービス部部長のレナト・ドゥケ氏がオランダのSBMオフショア社に、ジウマ氏の大統領選キャンペーンのために30万米ドルを贈賄するように依頼した」と語っていた。

10日のCPIではバルスコ被告に対し、この件についての質問が2回行われ、同被告はその事実を認めた。また、2回目の返答では、その賄賂はSBM社から労働者党(PT)に直接支払われたのではなく、バルスコ被告が金を受け取り、他の支払い勘定と共にPT中央会計のジョアン・ヴァカリ・ネット氏に手渡したとも語った。

バルスコ被告は11月の供述で、カルテルを組んだ企業が2003~13年に、ドゥケ氏が統括していたサービス部を経てPTに払った賄賂は1億5千万~2億米ドルに上ると語っていた。だが、10日のCPIでは、契約額の何%を賄賂とするかなどの支払い条件に関し、ヴァカリ氏とどのように話会いを持っていたかについても詳細を語った。

それによると、ヴァカリ氏とはリオやサンパウロ市のホテルのレストランなどで話し合い、日時や場所は携帯電話のメッセージで取り決めていたという。バルスコ被告はそれら全てに参加したわけではなく、大抵はドゥケ被告が出向いたという。

バルスコ被告によれば、こうした組織的な贈収賄計画がはじまったのは2003~04年のことだ。同被告はカルドーゾ政権だった1997~98年に賄賂を受け取り始めたと語り、注目されていたが、この件に関しては「個人的に働きかけたもの」で、組織的なものではなかったとした。

バルスコ被告の証言の後、PT側は「証拠が不十分」と反論する書面を発表し、同被告を告訴する意向も示した。

次のCPIはきょう12日に行われ、連邦検察庁提出のリストに入っていたエドゥアルド・クーニャ下院議長(民主運動党・PMDB)と、ペトロブラス元総裁(2005~12年)のジョゼ・セルジオ・ガブリエリ氏が喚問を受ける。

なお、連邦検察庁は11日、スイスの銀行からバルスコ被告の口座の金として、1億3900万レアルがパラナの連邦地裁の口座に振り込まれたことを明らかにした。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Tomaz Silva/Agência Brasil)
写真は証言のあった翌日の3月11日、リオデジャネイロ市、ペトロブラス本社前で一連の汚職スキャンダルに抗議する人々

■関連記事
日体大野球部が来伯。サンパウロ、パラナ、マットグロッソ州で活動
フォーブス誌、2015年版長者番付を発表。ブラジルで10億ドル以上の資産を持つ富豪は、過去最高だった昨年を上回る
ブラジル人は必要量の1.5倍の砂糖を消費している!?
サンパウロ名物の交通渋滞、逸失利益は1日約21億円!
ジウマ大統領に対する大規模抗議デモ、3月15日開催へ。当日のサッカー、サンパウロ州選手権は試合時間を変更

このエントリーをはてなブックマークに追加