• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

スタンダード&プアーズ、ブラジルの格付けを現状維持。
第2期ジウマ政権の財政の適正化改革を評価

ジウマ大統領

世界の3大格付け会社のひとつ、スタンダード&プアーズが(3月)23日、ブラジルの格付を従来通りに据え置くことに決め、ブラジル国債は信用できる位置に留まった。

これは、ジウマ第2期政権の経済スタッフによる財政調整案が議会を通過しそうだとの判断によるものだ。24日付伯字紙が報じている。

スタンド&プアーズはブラジル国債の格付けを従来と同じBBB-(マイナス)に留めた。これは投資を推薦できるレベルとしては最低ランクではあるが、ムーディーズが2月に、現在汚職問題で揺れているペトロブラスの信用格付を投資を勧められないレベルに降格した後だけに、強く懸念されていた。

もし、ブラジル国債に対するスタンダード&プアーズの格付が投資不信用のレベルに落ちていたら、現在共に「投資を信用できる」のレベルの下から2番目に位置するムーディーズやフィッチの格付けも落ちかねない。そうなると国際市場で融資を得ることが困難になり、返済利息もより高くなるため、経済活動がさらに悪化する可能性が強まる。

今回、スタンダード&プアーズがこの判断に踏み切ったのは、ジウマ第2期政権が、ジョアキン・レヴィ財務相らがおし進める税収増加と支出の切り詰めを軸とする財政調整(財政の適正化)を支持し、議会の同意も獲得できることと、それによってこれまでに損なわれた経済政策への信頼性を回復できることを期待してのことだ。

スタンダード&プアーズは15年のブラジルの国内総生産(GDP)を1%と見ており、16年以下に着実に成長を続けて行くことを期待している。

今回のスタンダード&プアーズの判断を受け、連邦政府は、「GDPの1.2%」に設定した15年の基礎的収支の黒字目標達成が、現状のランクを守るための必要条件だとの思いを強めている。

スタンダード&プアーズの発表は、経済の停滞や政府と議会の間の緊張などで揺れていた市場にも楽観的な空気をもたらし、同日のドルは3.05%落ちて1ドル=3.1450レアルとなった。

一方、ジウマ大統領は23日、今回の財政調整案のひとつでもある、遺族年金と失業保険の受取資格を厳格化した暫定令(MP)664号と665号に関し、ルーラ前大統領と労働者党(PT)に、暫定令(MP)による恩恵の削減幅を減らす交渉に応じる意向があると伝えた。

現状のままなら政府は年間180億レアルの確保が可能となるが、労働者党(PT)は労働者の権利を狭め、社会政策費を減らすことは「党の方針に反する」と否定的で、他党からの連立解消も恐れていた。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Antonio Cruz/Agência Brasil)
写真は3月19日、ゴイアニア。BRT南北線のに関する式典に出席したジウマ大統領(左から5人目)

■関連記事
リオ市で22日に大雨
アカデミックにアマゾンと向かい合える「大アマゾン展」
ブラジルで注目集める乳幼児向けオーガニック冷凍食品
第2回 名古屋ブラジルフェスタは2015年5月30日(土)、31日(日)に開催
「地球上で最も美しいビーチ」、ついにGoogleストリートビューに登場

このエントリーをはてなブックマークに追加