• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルで育つ日本式野球。日体大対ブラジルU-18、親善試合でブラジルが接戦を制す

日体大ブラジルU-18戦

JICA短期グループ派遣ボランティアとして今月1日から来伯し、マットグロッソ州、パラナ州など各地を巡回し、親善試合や地元の子供達への野球教室を行ってきた総勢18人の日本体育大学(以下日体大)野球部が、(3月)22日にサンパウロ市ボン・レチーロ(ヘチーロ)球場で、ブラジルU-18(18歳以下)代表チーム(以下ブラジル)と親善試合を行った。

試合は奔放なバッティングでブラジルが先行するも、日体大も犠牲バントや走塁でかき回して対抗、ブラジルに守備の乱れも出て追いつく、といった接戦で推移した。

3-2でブラジルのリードで迎えた最終回、日体大は無死満塁と攻め立てたが、後続が三振、併殺打に倒れゲームセット。今年8月に日本で行われるU-18世界選手権を見据えるブラジルが勝利した。

試合後両チームはユニホームを交換し、記念撮影のほかに、日体大部員が、いかにも体育会らしく、同大伝統の上半身裸で掛け声を出して踊る「えっさっさ」を披露し、ブラジルチームもそれに加わるなどして親睦を深めた。

09年から11年に青年ボランティアとしてサンパウロ州インダイアツーバ、イビウナで野球を指導し、13年のワールド・ベースボール・クラシックではブラジル代表チームの打撃コーチも務めた、同大野球部の黒木豪コーチ(29、宮崎)は、(今後のブラジルへの)期待を述べた。

「どっちのチームにも自分の教え子がいて感無量。ブラジルは“最終回1点リードで無死満塁”を守りきるあたり、我慢強さが身についたと思う。8月に日本で開催されるU-18世界選手権でも上位を狙って欲しい」(黒木豪コーチ)

今回の日体大の選手達は4月からの新3、4年生で、野球部の中でも「学生コーチ」という役割。普段は試合に出る選手の練習相手になったり、主な卒業後の進路である教員を視野に、野球を教えることに取り組んでいる学生達だ。

去年に引き続き参加した主将で新4年の小林大和さん(21、京都)は語った。

「ますますブラジルが好きになった。去年からポルトガル語も勉強し、メインの野球教室も上手く言った。去年と今年、同じ子供が成長していたのをみられて嬉しい。野球を通じて言葉を超えたコミュニケーションができた。教員を目指しているが、先輩の黒木コーチのように海外に出てもみたくなった」(日体大・小林大和主将)

大塚ジョルジ・ブラジル野球ソフトボール連盟会長(68、三世)は、昨年以来2度目の日体大野球部来伯について、「日本野球の緻密な守備、走塁、グラウンド内の規律など、若い伯人選手が学ぶことが多くあり、とても有意義。この経験を今年8月のU-18世界選手権、来年末の2017WBC予選に活かしたい」と高く評価した。

日体大の一行は25日に24日間の滞在を終えて帰路についた。

【大耳小耳関連コラム】

大塚ジョルジ・ブラジル野球連盟会長に、「ブラジル野球にとっての夢は何か」と聞いたところ、「学校や仕事の後に存分に練習するため、まずはナイター設備の球場が欲しい」とのこと。「プロ設立」や「日本や大リーグの公式戦開催」といった派手な夢ではなく、選手の練習環境向上を挙げるなど地に足のついた考え方だった。

「国内に野球用具メーカーがないので、用具は全て輸入品。日体大からの中古野球用具提供はとてもありがたい」とも。

前回の13年WBCでは、日本相手に8回までリードを奪うなど将来注目を浴びる可能性が高いブラジル野球。ぜひ企業からもっと協賛を。

(写真・記事提供/ニッケイ新聞)
試合後に健闘を称えあう両チーム選手達、黒木コーチ

■関連記事
阿川佐和子さんが久保田邸前をパレード
「ミシュランガイド」初のブラジル版が発売に。和食店も星を獲得
アカデミックにアマゾンと向かい合える「大アマゾン展」
第2回 名古屋ブラジルフェスタは2015年5月30日(土)、31日(日)に開催
「地球上で最も美しいビーチ」、ついにGoogleストリートビューに登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事