• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

味方応援団の野次に激高。インテルの選手が侮辱行為で即退場

インテル対イピランガ

インテル対イピランガ

「応援団からの心無い野次を耳にし、思わず激高」。

そういうことは普通、相手チームの応援団から受ける野次で起こると思われがちだが、ブラジルでは(4月)1日、味方応援団の野次に耐えかねて暴挙に出た上、ユニフォームを投げ捨てて退場した選手が現れた。

その選手はポルト・アレグレ(アレグリ)の名門インテルナシオナルのサイドバックのファブリツシオだ。

彼は本拠地ベイラ・リオで行われたリオ・グランデ・ド・スル選手権の対イピランガ戦の後半18分、みずからボールを相手陣営に持ち込んでいたところ、突如ボールを離し、インテル・サポーターのいる観客席の方向にゆっくり歩き出し、両手を高々とあげて中指を突き出した。その行為を見て、主審が即座にレッドカードを出したため、彼は退場となった。

ファブリシオは退場宣告後も感情を抑えることが出来ず、ユニフォームを脱いでグランドに叩きつけ、「俺はもう帰るよ」と大声で叫びと、インテルのスタッフにつまみ出されるようにしてグラウンドを去った。

インテル対イピランガ

インテル対イピランガ

0-0だったこの試合はその後、ファブリシオ退場で選手の数で不利となったインテルがなんとか乗り切って得点を決めたため、1-0でインテルの勝利に終わった。

試合後、ファブリシオの同僚で、かつてのセレソンのレギュラー・ディフェンダーだったフアンは、「ファブリシオは感情的で、他の局面でもこんな風によく怒るんだ。あいつは頭を冷やしてファンにお詫びをしないといけない」と厳しくたしなめた。

だが同時にフアンは「この件で彼をつるし上げないでほしい。ファブリシオはインテルにとって大事な選手なのだから」と言って、かばう姿勢も忘れなかった(2日付「グローボ・エスポルチ」より)。

インテル対イピランガ

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Alexandre Lops/Clube Internacional 01/04/2015)
写真は4月1日、ポルトアレグリ市ベイラヒオ・スタジアムで行われたインテル対イピランガ戦の試合場面。この試合でファブリシオの退場事件が起きた

■関連記事
サンパウロ州水道公社が下水道関係の投資大幅減額。水道代値上げか
自閉症啓発週間でブラジリア官庁街がブルーに
世界各地の都市が参加したアースアワーの消灯リレー。ブラジルでは200以上の自治体が参加
トゥクトゥク、サンパウロ北西部の町で大人気
ブラジル映画祭2015、4月25日(土)から開催。日本未公開の新作映画を中心に「今」のブラジル伝える

このエントリーをはてなブックマークに追加