• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

2014年のブラジルの輸出額は7%減。主要30カ国中最大の減額

牛肉輸出ブラジル

4月14日に世界貿易機関(WTO)が発表した報告書によると、2014年のブラジルの輸出額は前年比マイナス7%で、世界の主要輸出国30カ国中で最大の下げ幅を記録したと15日付伯字各紙が報じている。

この結果、ブラジルは輸出高による順位を三つ下げ、25位となった。これは04年以来の最低順位となる。

輸出高の減少により、世界総輸出額に占めるブラジルの割合は1.3%から1.2%に減少した。ブラジルの国内総生産(GDP)は世界第7位だが、14年の輸出額では、国内総生産でブラジルを下回るマレーシア(35位)、タイ(32位)、スイス(20位)に抜かれた。

14年の場合、ブラジルは主要輸出相手国である中国への輸出額を11%減額させた。中国の経済成長率は14年が7.4%で、今年第1四半期も前年同期比7%増と6年ぶりの低い伸び率となっている。この影響は14年の同国の輸入額が11.8%減額という数字にも表れ、ブラジルなど、中国を主な貿易相手国とする国は一様に、輸出が頭打ちとなった。

ブラジル政府は、自国の輸出が低調な原因は世界的な経済不振としているが、世界平均の輸出総額は前年比プラス1%を記録している。

14年のブラジルの輸入総額は、2000年以来初めて輸出総額を上回り、貿易赤字はほぼ40億ドルに上った。自動車を始めとする工業製品の輸出が減少したことに加え、主要輸出品の鉄鉱石や大豆、石油、砂糖、豆かすなどのコモディティ価格の低下に苦しんだ。

「14年のブラジルは他の南米諸国と同様に、コモディティ価格の下落に苦しんでおり、この傾向はしばらく続くと予想される」とWTOのブラジル人局長ホベルト・アゼベード氏は語った。

15、16年の南米経済は、15年0.2%、16年1.6%と、世界最低水準の成長しか見込まれていない。ブラジルの低迷は南米全体の低成長の主な要因となっている。この間の世界の経済成長率は今年3.3%、来年4%と予想されている。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Pedro Bolle/USP Imagens)
2014年9月の時点で、牛肉の輸出は1月~8月では前年より10%以上の伸びを記録したと公表された。部門によっては成長分野もあるようだ

■関連記事
原発事故をきっかけにゴイアス移住した日本人
サンタテレーザ名物の路面電車の復活工事、いつ終わる? 近隣住民からはクレームも
ブラジリアでデモ隊と警察が衝突
4月12日、大規模抗議デモ写真集。デモの参加人数は3月より下回る
「Oi! Brasil 2015 ~この夏、サンパウロに恋して」をメンズ目線で楽しんでみた

このエントリーをはてなブックマークに追加