• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

サントス港の燃料タンク火災で罰金。責任会社に約8億9千万円

サントス火災

環境衛生技術公社(もしくは環境浄化技術公社、Cetesb)が4月15日、サンパウロ州サントス市アラモア区で9日間続いた火災により、住民を危険にさらし、環境破壊を引き起こしたとして、ウルトラカルゴ社に2250万レアルの罰金を課した。

同社は「正式書面を精査し、定められた期日以内にCetecbに返答する」と文書で発表した。

「自然環境に与えた衝撃は市の想定をはるかに上回る、別次元のものだった。我々に最も衝撃を与えたのは火災現場に近い池に与えた被害の大きさだった」と、サントス市都市計画環境局員のダウリー・デ・パウラ・ジュニオール氏は語った。

大量に死んだ魚の処理費用と、住民への賠償金を含めた火災に伴う損害の賠償と支払いは、法的責任者が負う事となる。ジュニオール氏は、少なくとも3社がその責任を問われる可能性を持っているという。

「火災現場のエリアには燃料タンクと配管を共有しているターミナルが二つあり、エリア内の区分けもされていなかった」(ジュニオール氏)

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Corpo de Bombeiros da PMESP 03/04/2015)
写真は4月3日、事故発生から2日目の燃料タンク

■関連記事
原発事故をきっかけにゴイアス移住した日本人
サンタテレーザ名物の路面電車の復活工事、いつ終わる? 近隣住民からはクレームも
4月12日、大規模抗議デモ写真集。デモの参加人数は3月より下回る
「Oi! Brasil 2015 ~この夏、サンパウロに恋して」をメンズ目線で楽しんでみた
フラネリーニャ(自称「車の掃除人」)、道路の公共スペースをインターネットで売出す

このエントリーをはてなブックマークに追加