• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

不況下のブラジル自動車業界で、ホンダ、トヨタ、日産の日系3社は売上伸ばす

ホンダ新工場

2014年来、販売縮小で在庫が増え、生産調整や雇用問題も噴出しているブラジルの自動車業界で、3交代で24時間操業している企業や第1四半期も売り上げを伸ばしている企業があると20日付「エスタード」紙が報じた。

ブラジルの自動車業界は2015年に入ってから既に3600人を解雇しており、その大半は自首退職者だ。昨年の解雇者は1万2500人で、自動車部品業界も昨年、2万5000人を解雇した。

これに逆行するのは韓国の現代(ヒュンダイ)だ。

同社ピラシカバ工場では2014年と同じ18万台生産を目指し、3交代24時間操業を維持している。14年第1四半期の同社のシェアは6.6%だったが、2015年は現地生産のHB20の3万7200台を中心に4万8400台を売り上げ、シェアを7.5%に伸ばした。

同工場従業員は2700人で、工場周辺にある部品供給会社9社の従業員は2300人いる。

第1四半期のHB20の売り上げは昨年同期比2.4%減、乗用車と軽商用車の売り上げも5%減だが、業界全体の乗用車と軽商用車の売り上げは16.2%落ちているため、同社では妥当な線と見ている。

他方、そのような状況下で売り下げを伸ばしたのがホンダ、トヨタ、日産の日系3社で、12.5%、12.4%、3.4%の伸びを記録した。

17日付「エスタード」紙によれば、2014年4月16日にリオ州ヘゼンジ(レゼンデ)に新工場を開設した日産のフランソワ・ドッサ社長は同工場1周年を記念し、ブラジルの車の販売数が年300万台から100万台に落ちたりしない限り、解雇はないと明言している。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Du Amorim/A2D)
写真は4月17日。サンパウロ州イチラピーナ市に設立されたホンダの新四輪車工場を訪問したジェラウド・アウキミン州知事(右から3人目)

■関連記事
住宅購入用融資より高く。連邦貯蓄銀行が利息引上げ
「収賄もみんなでもらえば怖くない!?」だったブラジルの今後
ジウマ大統領の支持率、下げ止まる。弾劾を訴える国民の多くはジウマ氏が罷免された場合、何が起こるかまで理解していない!?
2016年リオ五輪のホテルになるはずだった建物からの不法占拠者立ち退き執行で、警察と住人が衝突
フラネリーニャ(自称「車の掃除人」)、道路の公共スペースをインターネットで売出す

このエントリーをはてなブックマークに追加