• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

人気バンド「パット・フー」、高井フェルナンダ独占インタビュー(「ニッケイ新聞」)。家族の秘密を語る。
日ブラジル国交樹立120周年を記念した曲を野宮真貴さんと制作中

フェルナンダタカイ

ミナス・ジェライス州生まれの人気バンド「パット・フー(パト・フ)」(Pato fu)のボーカル(歌手)、高井フェルナンダ・バルボーザさん(43、三世)が、音楽の祭典(Festival de Clipes e Bandas)出演のため3月中旬、サンパウロ市に滞在。

「ニッケイ新聞」に日系人としてのルーツや祖父母との思い出、日伯国交樹立120周年に向けたプロジェクトなどを語った。

家族の歴史を探り、地元の文協日語講座に通って日本語を学ぶなど、憧憬する祖父母の故郷に一歩でも近づき、自身のルーツを知りたいと願う「日系人としての顔」がかいま見えた。

「コンニチハ。ドウゾ、コーヒー」。

サンパウロ市ヴィラ・ノヴァ・コンセイソン区のレストラン「アッチモ」でTV局の取材を終えたフェルナンダさんは、片言の日本語と笑顔で記者を迎えた。

インタビューは日本語でも可能かと尋ねると、「日本語はほとんど話せない。じっちゃん、ばっちゃんは孫とはポルトガル語で話したがったから、習わずじまい」と残念そうに答える。

孫と日本語で話したくとも叶わない一世は多いが、「話したがらなかった」のは珍しい。その理由を聞くと、「戦争で日本語が禁止されたせいじゃないかと、大人になってから思うようになった。私は『オフロ』とか『オフトン』とか、単語は使っていたけど文章は話せなかった」と振り返った(次ページへつづく)。

(文/児島阿佐美、写真・記事提供/ニッケイ新聞)
写真はフェルナンダさん

■関連記事
デング熱対策、サンパウロ市北部に軍医や兵士派遣
2015年、”世界で最も影響力のあるブラジル人”は?
「先住民の日」、各部族が国会に集結。民族衣装で権利を主張
ブラジルでマイケル・ジャクソンのサングラス盗まれる
2m超えの”ブラジルで最も背の高い男”のお嫁さんは1.52mの女性

1 2
このエントリーをはてなブックマークに追加