• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジリアが遷都55周年

brasilia

ブラジルの首都ブラジリアが4月21日、遷都55周年を迎えた。

この日、好天に恵まれた市民達は、21カ所で開催される57のイベントを楽しむべく、早朝から自転車やスケート、徒歩で街頭に繰り出した。21日~24日にかけて現地メディアが伝えている。

省庁前の広場ではカトリック信者達がジョゼ・フレイリ・ファウカォン枢機卿の司式の下で記念のミサを行った。

枢機卿は初めてブラジリアに着いた日の事を思い出し、JK(ジョッタ・カー)の愛称で今も呼ばれるジュセリーノ・クビシェッキ大統領が夢に描き、オスカー・ニーマイヤーやルーシオ・コスタといった設計家の手によって形になって現れようとしている様子に感動した事などを語った。

ブラジリア

ミサ以外にも、地下鉄の駅その他で音楽やダンスが披露された他、マラソンなどの陸上競技や水泳、ゴルフ、ヨット競技など、スポーツ好きを満足させるようなイベントも開催された。

55周年を記念するイベントは21日だけでは終わらず、24日にはガレリア・アトス・ブルコンで「ブラジリア55周年―ユートピアから首都へ」と題した展覧会も始まった。

この展覧会は5月31日まで開催され、写真や模型で、ブラジル内陸部に首都を移すという構想が初めて人々の口に上ったという1751年の出来事から首都遷都に至るまでの歩みを紹介している。この展覧会は既に、ポルトガルやフランス、アルゼンチンなど7カ国で開催され、25万人以上の人々の目を楽しませてきた。

展示されている作品の多くは本邦未公開のものだという。閲覧出来るのは毎日、午前8時から午後8時までの12時間で入場は無料だ。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真上/Ricardo Penna、写真下/Ricardo Stuckert/Fotos Públicas)

■関連記事
デング熱対策、サンパウロ市北部に軍医や兵士派遣
2015年、”世界で最も影響力のあるブラジル人”は?
「先住民の日」、各部族が国会に集結。民族衣装で権利を主張
ブラジルでマイケル・ジャクソンのサングラス盗まれる
2m超えの”ブラジルで最も背の高い男”のお嫁さんは1.52mの女性

このエントリーをはてなブックマークに追加