• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

サポーター応援団同士の抗争でまた死者

マンシャヴェルジ

サンパウロ州保健局が4月29日、サンパウロ市東部イタイン・パウリスタにあるサンタマルセリーナ病院に入院中していたクラウジオ・フェルナンド・メンデス・ジ・モライスさん(25)が脳死と判定された事を確認した。

クラウジオさんは同市に本部があるサッカーチーム、パルメイラスのファン。パルメイラスの応援団”マンシャ・アウヴィヴェルジ”のメンバーで、サンパウロ市北部に住んでいた。

クラウジオさんは26日に行われた同州選手権の決勝第1戦を観た後、恋人を送るため、友人と共にサンパウロ大都市圏ポアー市内のジャルジン・ホマーノ駅前までバスで行ったが、夜8時頃にバスを降りた後、サントスの応援団”トルシーダ・ジョーヴェン”のメンバーとの抗争が起き、暴行を受けた。

クラウジオさんは応援団の上着と半ズボンを着ていた上、左足のふくらはぎに応援団のマークの刺青も入っていた。恋人は応援旗と上着を着ており、友人も応援団の服を着ていたため、パルメイラスファンである事が容易に知れた。

恋人の証言によると、友人に付きまとう男がおり、邪魔だと思った友人がその男の顔を殴り、クラウジオさんも男の方に向かったところ、後方に鉄パイプを持った男達がおり、襲撃された。

恋人と友人は何とか逃げおおせたが、クラウジオさんは大怪我をして、駅の職員に助け出され、サンタマルセリーナに運ばれた。恋人によると、駅の警備員が15人位が彼女の後を追いかけようとしていたと話していたという。

クラウジオさんは重体で、集中治療室に入院していたが、28日に脳死状態に陥り、29日の朝届いた検査結果で脳死と判定された。

パルメイラスファンが抗争事件に巻き込まれて死亡した例はこの6カ月間で既に2件目となっている(29日付「エスタード紙」サイト、ヘジTVなどより)。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Felipe Ernesto)
パルメイラス応援団”マンシャ・アウヴィヴェルジ”の一員が犠牲になったのはこの半年で2人件目

■関連記事
当時の様子生々しく語る。ネパール地震被災のブラジル人帰還
敵チームの応援団同士が同じエリアで応援!? ブラジルサッカースタジアムの新たな試み「トルシーダ・ミスタ」とは
ブラジリアが遷都55周年
ブラジルで、マリファナ(?)入りリングイッサ(ソーセージ)見つかる。シュハスコの最中に煙で発覚
ブラジルの水着ブランド「キミニス」日本に上陸

このエントリーをはてなブックマークに追加