• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

「汚職の輪が切れたから経済危機や景気後退が起きた」–。政権批判の声、国内外で相次ぐ

エンヒッキ・カルドーゾ

2015年に入り雇用喪失や景気後退(リセッション)を匂わせるような報道が続いているブラジル。

5月12日には労働者党(PT)政権での汚職やジウマ政権の経済政策を批判する声が国内外で相次いだと13日付伯字紙が報じた。

パラナ州での下院ペトロブラス(PB)議会調査委員会(CPI)では、ラヴァ・ジャット作戦で逮捕された闇ブローカーのネウマ・コダマ被告が汚職への関与を後悔しつつ、「ブラジルは汚職で動いている」「汚職の輪が切れたから経済危機や景気後退が起きた」「汚職は別の汚職で隠匿されていた」と明言したという。

同被告は、報奨付供述が認められたら汚職体制の責任者達の名前を明かすと約束した。

議会調査委員会(CPI)では、ペドロ・コヘア元下議(進歩党・PP)も、2004年にパウロ・コスタ被告をPB供給部長に指名したのはPP党首だった故ジョゼ・ジャネーニ下議ではなく、ルーラ前大統領だったと聞いたと証言した。

議会審議が90日間止まり、議員達の圧力に屈してコスタ被告指名とのアウベルト・ユセフ被告らの証言とは内容を異にするが、同元下議は500万レアルの収賄容疑を否定すると共に、要職の座を離れても影響力を振るう政治家がいると発言した。PTのルーラ前大統領や民主社会党のフェルナンド・エンヒッキ・カルドーゾ元大統領かと聞かれると、「国民の反応を考えたら誰もルーラを牢屋にぶち込めないさ」と嘯いた。

ラヴァージャット作戦が告発した汚職がペトロブラスやカルテルを組んだ企業に多額の損失や投資減額などの影響を与え、基幹工事も滞っている事は、コダマ被告の言葉が穿ったものでない事もうかがわせる。

一方、ニューヨークの在アメリカ合衆国ブラジル商工会議所で両国の関係改善に貢献したとしてビル・クリントン元大統領と共に表彰されたフェルナンド・エンヒッキ・カルドーゾ元大統領は、政治家や経済界要人らを前に、自分は1988年の憲法改正後に積み上げられてきたものをより堅固にしたのみとした上、第1期ジウマ政権は2008年の経済危機脱却時に導入した経済政策を継続した事で後ろ向きのギアを入れたままにしたと批判。

レアル・プラン導入や国外での負債軽減などの功績を知る人々は「大統領に戻れ」との声を上げ、「国民からの支持率が下がった事はあったが、国際的な信頼を失った事は一度もなかった」との言葉には長時間、拍手を送った。

なお、ロンドンで外国人投資家との会合に出席中のジョアキン・レヴィ財相も12日、リオでの全国フォーラムに送ったビデオで、政府の役割は社会や民間部門が活躍できるような環境や舞台を整える事で、保護貿易的手段で他国企業との競合を回避すれば、競争力を殺ぎ、経済活動を縮小させるとし、第1期ジウマ政権の政策を批判した。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Tânia Rêgo/Agência Brasil)
フェルナンド・エンヒッキ元大統領。写真は4月22日、リオデジャネイロで開催されたオープンソサエティ財団主催のディベート

■関連記事
デカセギブーム再開の兆し
麻布十番に炭火焼きシュハスコ・レストラン「ゴストーゾ」見参
リオデジャネイロで公園の木に吊り下げられた15個の心臓みつかる
リオデジャネイロの歴史を振り返るサイト「カリオカの想い出」開設
交通事故に気をつけて! サンパウロ市内の危険道路リスト

このエントリーをはてなブックマークに追加