• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

中国の李克強首相が1600億レアル相当の経済協力協定を携えブラジル訪問へ

李克強首相

中国の李克強首相が5月19日、1600億レアル相当の経済協力協定を携えてブラジルを訪問すると13日付「フォーリャ」紙が報じた。

中でも特筆すべきはブラジル南北鉄道をペルーに延ばし、太平洋に出るルート(トランスオセアニカ)開発プランだ。工費は135億~300億レアル(約5380億~1兆2000億円)と見られている。

英誌「フィナンシャルタイムズ」は、この計画はアマゾンを切り開く必要があるため、先住民族や環境保護派の反対運動は不可避と予想している。このため、ボリビアの協力も仰ぎ、ペルー南部の砂漠地帯を通るルートも検討されている。

この計画は、中国への主要輸出物である大豆、鉄鉱石を太平洋経由で輸出し、輸送コストを下げるのが目的で、現在はブラジル、中国、ペルーのみが交渉に参加している。

李首相の提案は、鉄道建設だけにとどまらない。

首都ブラジリアで締結される予定の協定には、ブラジル産業界の生産力を上げるインフラ設備投資を筆頭に、34の項目が含まれるという。

ブラジルの生産能力を上げることで、対アジア政策担当のジョゼ・アウフレッド・グラッサ・リマ局長の夢である、「鉄鉱石の輸出を減らし、鉄鋼製品の輸出を増やす」ことが可能になる。

ブラジルはこれまで主に、原料を輸出し、工業製品を輸入してきた。

ジウマ大統領は11年に中国を訪問した際に、「半ば植民地的な関係だ」と不満を表明したが、それ以来、中国の景気減速とブラジルの景気低迷の結果、両国間の輸出入の流れが弱まったと言う事実を除けば、この関係は何ら変わっていない。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Feng Li – Pool/Getty Images)
写真は李克強首相

■関連記事
国籍を超えた愛に終止符。外交官の夫が伯人妻を殺害
2012年、ブラジルの殺人事件被害者の77%は黒人
麻布十番に炭火焼きシュハスコ・レストラン「ゴストーゾ」見参
リオデジャネイロで公園の木に吊り下げられた15個の心臓みつかる
交通事故に気をつけて! サンパウロ市内の危険道路リスト

このエントリーをはてなブックマークに追加