• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルキリンが、一番搾りの「日ブラジル外交樹立120周年」記念限定ラベル商品を発売

ブラジルの一番搾り

ブラジルキリン(ジーノ・ジ・ドメニコ社長)が5月5日、サンパウロ市内のレストラン「新鳥」でキリン一番搾りの「外交樹立120周年」を記念したデザインラベルの発売を発表した。

発表があったのは、ブラジルでのキリン一番搾り製造・販売1周年の記念パーティーのなかで。パーティーには関係者ら91人が出席した。

両国の国旗と野球、サッカーなどの文化をモチーフとした記念ラベルは、在サンパウロ総領事館から120周年事業の一環として認定を受け、現在流通している同商品すべてに貼付されている。

サンパウロ州イトゥー市の製造工場1箇所のみで製造する同商品は、ブラジルビール市場で主導権を握る「味の薄いビール」とは一線を画す「濃く贅沢なビール」だ。355ミリリットル瓶での販売で、「プレミアムビール」と呼ばれる価格帯に属する。

スーパーや一般の飲食店では中々見かけない同商品だが、現在はサンパウロ市内の日本食レストランを中心に販売しているという。「ニッケイ新聞」の取材に対し、芦田正和取締役は「詳しい販売本数などは公表していない」としながらも、「取り扱いのレストランも順調に増えてきている」と話す。

気になる商品の味だが、日本で発売されている同商品と「全く同じ」だと強調する。ブラウマイスターと呼ばれるビール鑑定士の駐在員が毎月日本本社に戻り、味を再確認して品質の管理を徹底しているという。

今後の販売の見通しとして「まずは飲食店での支持を獲得することが重要」と話す。「大瓶を数人で注ぎあう今のブラジルのスタイルから、1人1本のプレミアムビール、という形が定着しつつある。ハイネケンやバドワイザーといったロングネック(355ミリリットル)中心の商品に対抗していければ」と意気込み語った。

(写真・記事提供/ニッケイ新聞)
写真は一番搾りを手にする芦田取締役、ドメニコ社長、藤田伸朗副社長

■関連記事
国籍を超えた愛に終止符。外交官の夫が伯人妻を殺害
麻布十番に炭火焼きシュハスコ・レストラン「ゴストーゾ」見参
交通事故に気をつけて! サンパウロ市内の危険道路リスト
ビーチサンダルブランド「Ipanema(イパネマ)」、日本初の直営店がグランドオープン
ちょっと残念、首都ブラジリア

このエントリーをはてなブックマークに追加